どちらが勝っても初優勝――。どこか新鮮で甘美な印象を与えるその顔合わせは、しかし裏を返せば、あまりに非情な巡り合わせだとも言えた。

 今季ルヴァンカップ決勝で顔を合わせたのは、セレッソ大阪と川崎フロンターレ。Jリーグ誕生以降、何度も初タイトルを手にしかけながら、そのつど逃してきた”シルバーコレクター”の両クラブにとって、ルヴァンカップ初優勝であるとともに、クラブ史上初タイトルをかけた戦いでもあった。

 だが、それをなせるのは1クラブだけだ。

 つまり、いまだ無冠同士の対戦は、どちらかが待ち焦がれた栄光に浴する一方で、どちらかは残酷な仕打ちをまたしても受けることになる。


ルヴァンカップを制して、初のタイトルを手にしたセレッソ大阪

 はたして、悲劇の繰り返しに終止符を打ったのは、セレッソだった。尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督がニッコリと笑みをたたえ、語る。

「(グループリーグから)1回も負けずに、ここまでこられるとは思っていなかった。すごいことをやった選手たちに『ありがとう。ご苦労さま』と言いたい」

 試合は開始早々、動いた。

 左サイドからのスローインをFW柿谷曜一朗がヘディング。フワリと浮いたボールは、川崎のDFエドゥアルドがいち早く落下点に入り、難なく処理するはずだった。

 ところが、エドゥアルドが無造作に振った左足の脇をすり抜けたボールは、まるで計ったかのような絶好のパスとなって、FW杉本健勇の足もとへ。”タナボタ”でGKと1対1になった杉本はこのチャンスを落ち着いて決め、セレッソが先制点を奪った。

 尹晶煥監督が「相手のスキをうまく突いて得点につなげたことが、今日の試合の大きなポイントだった」と振り返ったシーンが生まれるまで、キックオフのホイッスルから1分もかからなかった。

 以降、試合は川崎が攻め、セレッソが守る展開で終始した。セレッソが何度かカウンターを繰り出す場面もあったが、川崎がほぼ一方的に攻め続けていたと言ってもいい。

 だが、川崎がいつ追いついてもおかしくはない試合内容だったかと問われれば、答えは否、である。

 確かに、川崎がセレッソ陣内で試合を進める時間は長かった。セレッソの11人をゴール前にくぎ付けにしてパスを回し、何度もゴールに迫った。しかし、セレッソ6本、川崎11本というシュート数も示すように、敵陣に押し入り続けているという印象ほど、川崎に決定機はなかった。「得点は1点でも勝てる。まずは失点しないこと」と自らの哲学を口にする韓国人指揮官は、こう振り返る。

「選手は高い意識を持ってやってくれているので、(いい守備が)表現できている。とはいえ、ただ守るだけで失点しないわけではない。相手の長所を知って、それを出させないこと。今日はそれが当たった試合だった。ピンチだと思ったシーンもあったが、距離感がよかったので、選手同士でうまくカバーできていた」

 セレッソは守備に追われる時間こそ長かったが、ゴール前に堅陣を築き、川崎に何本パスをつながれようと集中力を切らさず、そのつどポジションを移してボールに寄せ、シュートまでは持ち込ませなかった。MF山口蛍が語る。

「相手にボールを握られていても、体を張って、走って、戦って勝つことを体現できた。自分たちのサッカーをして勝つことも大事だと思うが、こういうゲームを気持ちのこもったプレーで勝てたことが、一番大きかった」

 いくらかのラッキーも手伝い、セレッソが早い時間に先制したことで、「攻める川崎、守るセレッソ」の構図は鮮明になった。尹晶煥監督も「もっとボールを保持してゲームを進めたかったが、思ったより早く得点し、それがうまくいかなかった。単発な攻撃が多く、自然と守備に切り替えるしかない状況になっていった」と振り返ったとおりだ。

 それでも、セレッソは揺らがなかった。最後尾から堅陣を支えたGKキム・ジンヒョンが「11人ががんばってガマン強く守った。キツいなかでも守備意識を持ち続けたことでゼロに抑えられた」と話したように、高い集中力で川崎の攻撃を封じ込んだことが、最大の勝因だったと言っていい。「早めに失点して、セレッソの守備意識をより高めてしまった。前半に(川崎の)チャンスがあったが、彼らはバタつかなかった」という川崎の鬼木達監督の弁は的を射ている。

 だが、セレッソが集中力を切らさなかった要因は、それだけではない。実は、そこには伏線があった。

 さかのぼること、およそ1カ月前。アウェーの等々力陸上競技場で行なわれたJ1第28節の川崎戦で、セレッソは1-5の大敗を喫していた。山口が語る。

「アウェーの川崎戦では無駄に前からいくというか、いかなくてもいいところで前からいって5失点してしまった」

 この試合、セレッソは19分に先制を許すと、その後はピッチ上の11人が一体となって戦うことができなくなった。前からボールを奪いにいくのか、引いて守りを固めるのか。早い時間に失点した焦りから意思統一ができなかったセレッソは、次々に失点を重ねた。キム・ジンヒョンも「チームがバラバラになってしまい、相手にスキを見せて5失点してしまった」と振り返る。

 だが、そんな苦い記憶が、この日のセレッソの選手たちに大きなモチベーションを与えることとなった。山口が続ける。

「今日は(前から)いくところといかないところの区別がしっかりできた。慌てずしっかりブロックを作って、カウンターを狙うサッカーに徹したのがよかった。球際で戦えていたし、走れていた。そこが一番の勝因だと思う」

 パンチを打ち続ける川崎に対し、決してガードを崩さないセレッソ。こう着状態が続くなか、先にしびれを切らしたのは、川崎だった。

 得意とするパスワークでどうにかセレッソの堅陣をこじ開けようとするも、なかなか穴を見つけられない川崎は、武器であるはずの細かなつなぎを放棄し、次第にサイドから単純なクロスを放り込むようになった。

 75分に右サイドバックのDFエウシーニョに代え、FW知念慶を投入したことで、その川崎らしからぬ攻めは一層色濃くなっていく。

 一か八かの戦略変更は、しかし、むしろ川崎の手詰まり感ばかりを強くした。

 MF水沼宏太は「(0-1のまま)時間が経てば、プレッシャーがかかってくるのは向こうだと思っていた」と言い、こう続ける。

「川崎がパワープレーをしてきた時点で勝ったなと思ったし、試合後に話したら、みんなそう言っていた。普段しないことを仕掛けてきたのは、(川崎が)このままでは無理だな、と思ったからだと思うし、そういう展開に持ち込めたのはよかった」

 焦る川崎を尻目に、セレッソは試合終了直前、カウンターからMFソウザがダメ押しの2点目を奪い、勝負を決めた。あまりに明暗分かれる非情な決戦を制し、セレッソはクラブ史上初タイトルとなるルヴァンカップ初優勝を手にした。

 ライトに照らされ、輝くトロフィーを傍らに、尹晶煥監督が緩んだ表情で語る。

「監督になって初めての優勝。今の気持ちをどう表現していいのかわからないが、最高の気分だ。昨夜は緊張しすぎて寝違えたので、少し首が痛いけど(笑)」

 そして笑顔の指揮官は、この勝利の裏にあった、もうひとつの伏線を明かす。

「川崎と言えば、17年前のことを思い出す。優勝を目の前にしながら逃したことは、記憶に残っている」

 17年前の2000年、セレッソはJ1ファーストステージ最終節を前に、首位に立っていた。最終節で勝てば、もちろん初優勝。ところが、延長戦の末に1-2で敗れ、指先に触れかけていたタイトルを横浜F・マリノスにさらわれた(当時のJリーグは延長Vゴール方式が採用されていた)。そのとき、背番号6を背負ってピッチに立っていたのが尹晶煥監督であり、苦杯をなめさせられた相手が川崎だったのだ。

「17年経って、やり返すことができた。歴史は結果を出すことで書き換えられる。今日の勝利でセレッソの新しい歴史が書き加えられた」

 1カ月越しの、そして17年越しのリベンジは、長い負の歴史のピリオドであると同時に、新たな歴史のスタートでもある。

■Jリーグ 記事一覧>>