2017年11月3日についに登場となった「iPhone X」は、表面いっぱいに広がる5.8インチの大型ディスプレイやApple Watchとお揃いのステンレススチール製フレーム、そしてホームボタンと指紋認証機能の「Touch ID」がなくなった代わりに採用された顔認証機能の「Face ID」、といった具合にさまざまな新要素が盛りだくさんの端末となっています。そんなiPhone Xの目玉機能とも言えるFace IDを、まったくの別人でだますことに成功してしまったムービーが早速公開されて話題となっています。

New video shows Face ID fail to properly distinguish between siblings | 9to5Mac

https://9to5mac.com/2017/11/04/face-id-siblings-fail/

iPhone Xで新しく導入された「Face ID」は、新しくなったフロントカメラの「TrueDepthカメラ」により実現する顔認証機能です。センサー部分にあるドットプロジェクターが3万以上の目に見えないドットを顔に投射し、赤外線カメラでそのドットパターンを読み取り精緻な深度マップを作成します。実際に顔認証機能を用いる際は、投光イルミネータが目に見えない赤外線を使ってユーザーの顔を深度マップと比較するので、これまでにない精度で認証が行えるようになるとのことです。



Touch IDでは他人が認証を突破する確率が「5万分の1」の割合で存在したそうですが、Face IDではこの割合を「100万分の1」まで低下させることに成功しているとのこと。つまり、Face IDはTouch IDよりもセキュアな認証機能というわけです。



また、Face IDは時間の経過による顔の変化や帽子やメガネ、ヒゲなどがあっても「同じ顔」と認識できるように、iPhone XのA11 Bionicチップのニューラルネットワークを用いてユーザーの顔の変化に柔軟に適応できるようになっています。



しかし、早速Face IDを突破してしまった猛者(?)が現れており、本来の持ち主以外がFace IDを突破する瞬間をムービーで収めて公開しています。

iPhoneX Face ID fail? : iphone



ムービーではまず最初に2人の男性が登場



手に持っているのはiPhone X



ロック画面の時計上にはカギ型のアイコンが表示されており、Face IDでの認証を突破するとカギが開き、iPhone内部のデータにアクセスできるようになります。



まずは左側に立っていた男性がiPhone Xを手に取り、Face IDで認証を行います。



本人認証をクリアしたのち、画面下部の棒線アイコンを上方向にスワイプすると……



ロックが解除されます。



続いて右側に立っていた男性がFace IDに挑戦。



まずはメガネを外して……



チャレンジします。



メガネを外した状態だとカギが閉まったままで、Face IDの認証を突破できません。



しかし、左側に立っていた男性と同じような黒縁眼鏡をかけて……



再びFace IDに挑戦。



サイドボタンを押すと、初めはカギがかかった状態なのですが……



カギが開き……



ホーム画面にアクセスすることに成功してしまいました。



このムービーで登場した2人の男性は兄弟だそうで、iPhone Xの持ち主が兄で、兄の黒縁眼鏡と似たメガネをかけてFace IDをだますことに成功したのが弟だそうです。初期のテストでは双子がFace IDを突破できてしまうことが証明されており、今回のムービーでは顔の特徴が似た兄弟ならばFace IDを突破できてしまう可能性があることが証明される形となっています。また、メガネがFace IDの精度に影響を与える可能性があることも示唆されていました。