【詳細】他の写真はこちら

今年で3年目を迎える日本テレビ系の音楽番組『バズリズム02』が発信するイベント『バズリズム LIVE 2017』が、11月4日、横浜アリーナにて開催され、番組ゆかりのアーティストたちが競演を繰り広げた。

16時を少し過ぎた頃、ステージに現れたのはオープニング・アクトを務めるyonige。今年9月にメジャーレーベルから1stアルバムをリリースしたばかりのニューカマーだ。瑞々しい歌詞を叩きつけるように歌う、ボーカルの牛丸ありさのすさまじさで客席を圧倒し、5曲を疾走した。

そして番組でもおなじみのバカリズムとマギーが登場。場内を見回しながら、「センターーー! アリーナーーー! 3階ーーー!」と客席に呼びかけ、『バズリズム LIVE 2017』のトップバッター、Little Glee Monsterを呼び込む。

彼女たちがステージに現れるや、会場からは大きな歓声が飛ぶ。「(このイベントに)やっと出れて、とてもうれしいです!」と話し、自己紹介の代わりにと洋、邦の名曲、ヒット曲を次々にアカペラカバーで披露。その歌唱力のすごさをまざまざと見せつけ、客席も万雷の拍手で応える。来年2月には、ここ横浜アリーナで2デイズ公演を行う彼女ら。ラストは、11月8日にリリースするロックチューンの新曲「OVER」を歌い、大盛り上がりの中、35分のステージを締めた。

2組目は昨年に続いての出演となるMrs. GREEN APPLEの5人。きらびやかなエレクトリックポップと、リズム隊とギターが作り出す重厚なサウンドが渾然一体となり、唯一無比のうねりを生み出す。何といっても魅力はボーカル大森元貴の低音からハイトーンまで自由自在に歌いこなす歌唱力だ。ドラマの主題歌となった2曲目から徐々に客席を盛り上げ、以降は一挙に自分たちの世界へ巻き込む。4曲目では「自由に踊って下さい!」と会場を沸点寸前まで沸かせたかと思うと、次の「鯨の唄」では壮大なバラードを聴かせるといった緩急自在なステージングで、オーディエンスをいい意味で翻弄。最後は「ダサくきこえるかもしれませんが、心を込めて歌います!」とメジャーデビュー曲となった「StaRt」を演奏。メンバー全員が深々とお辞儀をしてステージを降りた。

ステージには続いて女性アーティスト、大原櫻子が登場。小さな身体に大きな赤いアコースティックギターを抱え、「明日も」をアカペラで歌い出すや、会場から大きな歓声が上がる。続く「青い季節」ではタオルを廻しながら広いステージを右に左に駆け抜け、オーディエンスを煽る。中盤には「失恋ソングですが、すごく前向きになる歌詞に注目して欲しいです!」と、11月22日にリリースされる新曲「さよなら」を、横浜アリーナの高い天上にまで響き渡るように艷やかでパワフルな声で歌い上げた。

バズリズム LIVE初参加の彼女は「こんなに広い会場で、こんなに素敵な出演者とご一緒できてうれしいです!」と、テンションMAXになり「Jet Set Music!」を歌った。

続いては“バカリズムと”名義でのバカリズムが、白いコットンのシャツに黒のパンツという出で立ちでステージに。8月にメジャーレーベルから配信したバカリズム・作詞/秦 基博・作曲の新曲『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する』を、5ピースのバンドを従えて歌う。スクリーンには人気モデルの高田里穂出演のミュージックビデオが流れ、客席のオチはいつ? の期待をよそに最後まで大マジで歌いきる。終わったあとは、いつものバカリズムに戻り、初めて新曲をフルバージョンを人前で披露するも「長いっ!」と毒づきながら「歌ってて途中で飽きちゃった」と明かし、客席の笑いを誘った。

ステージ下手花道から、ミニギターを小脇に抱えたナオト・インティライミが登場。大原櫻子の「明日も」を歌いながら登場するというサプライズ演出で場内大爆笑。1曲目から観客のハートをガッシリつかむと、あとはお祭り男ナオトの面目躍如。広い会場をすっかり熱くさせたあと、3曲目は再び下手花道に移り、「今のキミを忘れない」の冒頭を、なんとマイクを通さず地声で披露しオーディエンスを驚かせる。この日の公演直前まで、世界中を旅していたというナオト。その模様はドキュメンタリーとして撮影され、11月23日から映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2』として劇場公開される。この日は、その予告編もスクリーンで上映された。ラスト2曲は「横アリAre you ready?」と叫んで、怒涛のお祭りナンバー2連発に突入。左右に大きく伸びた花道の端から端までタオルを振りながら走り回ったり、客席にゴムボールを蹴り入れたりと大暴れで、会場を「カーニバる?」化させ、濃厚な35分のステージが終了した。

この日のトリは、お待ちかね、GENERATIONS from EXILE TRIBE。彼らの登場がアナウンスされるや、会場が震えそうなほどの黄色い大歓声に包まれる。暗転したステージから7名が浮かび上がり「PIERROT」からスタート。一糸乱れぬキレキレのダンス・パフォーマンスをこれでもかと魅せつけるさまは、さすがの貫禄で、立て続けに3曲を披露する。

「ナオト・インティライミさんから、バトンを受け継がせていただきました。僕たちトリを務めさせていただいて本当にうれしいです!」と話し、「スペシャルな1日になるように皆さん楽しんでいきましょう!」と「太陽も月も」へなだれ込み、ド派手なレーザーが飛び交う横浜アリーナは巨大なダンスフロアと化す。続いては、この興奮をクールダウンさせるかのように数原龍友と片寄涼太のふたりが、バラードナンバーの「花」と「空」のカバー2曲をじっくりと歌いこむ。龍友は久しぶりに歌った「花」で、「みんなの歓声を聞くとうれしい半面、緊張しました」と明かし、続いては10月25日に発表されたばかりの新曲「BIG CITY RODEO」に。”Peak-a-boo(いないいないばあ)”をモチーフにしたというダンスを、中務裕太が観客に振り付け指導し新曲がスタート。ここからは怒涛のパーティーチューンの連打。

「Y.M.C.A.」では、左右の花道にメンバーがふた手に別れ客席を煽る。10,000人を超えるオーディエンス全員での”Y.M.C.A.”は感動的な光景に。この熱気のまま、ラストはGENERATIONSお馴染みの「AGEHA」へ。これ以上はないという盛り上がリの中、幕を閉じた。

最後はバカリズムとマギーが再び登場。ふたりも興奮冷めやらぬ状態で「すごかったね! いっぱい観られて良かったね!」と声をかけ「明日も来てね!」と送り出し、4時間超にも及んだ『バズリズム LIVE 2017』の初日が終了した。同公演は、本日11月5日にも同会場で行われる。

なお、この日のライブの模様は日本テレビ『バズリズム02』で11月24日深夜(一部地域で異なります)に、また、CS放送「日テレプラス」では12月23日18時〜20時30分に放送が予定されている。

PHOTO BY 山口洋枝

<セットリスト>

■yonige (オープニングアクト)

01.さよならアイデンティティー/02. アボカド/03.最近のこと/04.ワンルーム/05.さよならプリズナー

■Little Glee Monster

01.好きだ。/02.アカペラ・メドレー/03.私らしく生きてみたい/04.SAY!!!/05.明日へ/06.OVER

■Mrs. GREEN APPLE

01.Speaking/02.WanteD! WanteD!/03.うブ/04.WHOO WHOO WHOO/05.鯨の唄/06.StaRt

■大原櫻子

01.明日も/02.青い季節/03.マイ フェイバリット ジュエル/04.さよなら/05.Jet Set Music!/06.踊ろう

■バカリズムと

01.「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する

■ナオト・インティライミ

01.Catch the moment/02.いつかきっと/03.今のキミを忘れない/04.Hare-Hare Parade/05.カーニバる?

■GENERATIONS from EXILE TRIBE

01.PIERROT/02.Hard Knock Days/03. Togetherness/04.太陽も月も/05.花/06.空/07.BIG CITY RODEO/08.Y.M.C.A. /09.AGEHA

『バズリズム LIVE 2017』公式サイト

http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/live2017