ドナルド・トランプ大統領、松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

競演を米メディアも紹介、来日前から絶賛の嵐「偉大なプレーヤーであり、アスリートだ」

 男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹(レクサス)が5日、来日中のドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相と埼玉県内でラウンド。トランプ大統領は「2人のワンダフルな人間とともにゴルフのプレー中だ」と自身のツイッターにつづり、プレーの様子を動画で公開していたが、ラウンド前から世界のトップゴルファーとのプレーは楽しみだったようだ。来日前に「彼は真に偉大なプレーヤーであり、アスリートであり、ロングボールヒッターだ」と松山を絶賛していたことを米メディアが報じている。

 松山はこの日、トランプ大統領と安倍首相とともにプレー。日米の政界トップのラウンドでゴルフ界を代表し、栄えある大役を務めた。トランプ大統領は「首相のアベ、そしてヒデキ・マツヤマという、2人のワンダフルな人間ともにゴルフのプレー中だ」とツイッターを更新し、プレーの様子を動画付きで紹介している。

 晴天の秋空の下、フェアウェイでアイアンを構えるトランプ大統領。その右側から、青いウェアに白いキャップとパンツをまとった松山が後ろで手を組みながら見守る中、素振りを2、3度してから力強いショットを放った。公開から2時間で早くも約3万の大反響を呼んでいる。

 日本人男子初のメジャー制覇の期待がかかるトップ選手とのプレーは、トランプ大統領にとっても楽しみだったようだ。

世界での評価を力説「日本では偉大な著名人かもしれないが、彼は真に偉大だ」

 米テレビ局「ABCニュース」は大統領が2人とともにラウンドし、ツイッターで動画を公開したことをレポート。さらに、出発前のコメントとして「彼は偉大なプレーヤーの1人だ」と松山を評し、こう絶賛したという。

「おそらく、日本の歴史で最も偉大なゴルファーだろう。もしかすると日本にとっては偉大な著名人という存在かもしれないが、彼は真に偉大なプレーヤーであり、偉大なアスリートであり、そしてロングボールヒッターなんだ!」

 松山が日本以上に世界で高く評価されていることを力説し、さらに「私もかなり長距離にボールを飛ばすことができる。私が戻った時はこう言うさ、彼よりも長距離を飛ばしたよ、とね。まあ、信じることはないだろうがね!」とトランプ節を炸裂させたという。

 こうして日本で実現した松山とのラウンド。米大統領にとっても、かけがえのないひと時となったことだろう。