【警告】鹿島=L・シルバ(4分)、レアンドロ(62分)、曽ケ端(90+3分)、永木(90+4分) 浦和=武藤(38分)、R・シルバ(55分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レアンドロ(鹿島)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ32節]鹿島1-0浦和/11月5日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
連動性に富む組織的な守備で浦和のビルドアップを阻止。攻撃面は攻めあぐねる時間帯が長かったが焦れることなく、レアンドロが勝負強さを発揮して決勝点をねじこむ。最後も集中したディフェンスできっちりとゼロで抑えてみせた。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
相手との接触を恐れずに、アグレッシブなプレーでゴールを守り抜く。素早く一歩前に出る反応の良さも。
 
DF
22 西 大伍 6.5
遠藤との息の合った連係で右サイドを崩しにかかる。攻撃時のポジショニングも工夫を凝らし、狙いすましたクロスでレアンドロのゴールをアシスト。
 
5 植田直通 6
積極的に前に出るディフェンスが光る。戻りながらの難しい体制でのヘディングのクリアも安定していた。
 
3 昌子 源 6
興梠と見応えのあるマッチアップ。カバーリングも的確で、前半終了間際のピンチも間一髪でクリアするなど、無失点に貢献した。
 
16 山本脩斗 6.5
粘り強い守備でR・シルバをシャットアウト。数的不利の局面でも慌てずに対応し、高い位置を取れば正確なプレーでチャンスメイクをこなした。
 
MF
20 三竿健斗 6
鋭い出足で相手に前を向かせない守備。テンポの良い縦パスなど、攻守両面で先を読んだプレーを披露したが、小さなミスも散見。
 
4 レオ・シルバ 6
相手のバイタルエリアで、シュートチャンスにつながる質の高いラストパス。デュエルも迫力があった。
 
25 遠藤 康 5.5(81分OUT)
9分の直接FK、25分のボレーシュートはいずれも枠を捉えず。随所に献身的な働きも、決定的な仕事はできなかった。
 
MAN OF THE MATCH
11 レアンドロ 6.5(88分OUT)
キープ力は高いが、囲まれて潰される場面も。しかし、西のクロスを確実に流し込んで、価値ある先制点を奪ってみせた。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥
FW
33 金崎夢生 6
サイドに開いてからのチャンスメイクはいつも通り。果敢に裏を狙う動き出しも見せ、前線を活性化させた。
 
8 土居聖真 6(78分OUT)
敵の守備ラインのギャップをついてパスを引き出し、リズムを作る。52分には好位置から左足で狙うも、これは西川の好守に阻まれた。
 
交代出場
FW
9 鈴木優磨 -(78分IN)
ゴールはなかったが、ラストワンプレーでは相手のCKに身体を投げ出して弾き返すなど、気持ちのこもったプレーを見せた。
 
DF
24 伊東幸敏 -(81分IN)
遠藤との交代だが、2列目に上がった西に代わり、右SBに入る。リスクマネジメントを怠らず、敵の侵入をストップした。
 
MF
6 永木亮太 -(88分IN)
2列目左サイドでプレー。球際で激しく戦い、守備時には深い位置まで戻るなどクローザー役を全うした。
 
監督
大岩 剛 6.5
組織だったディフェンスで隙を作らせず、効果的なアタックを繰り出して勝点3を掴む。勝負どころで勝利を収め、連覇に王手をかけた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
[J1リーグ32節]鹿島0-0浦和/11月5日/カシマ
 
【チーム寸評・採点】
浦和 5.5
前半立ち上がりは鹿島の厳しいプレスに苦しみ、完全に主導権を握られたが、30分過ぎから盛り返して何度かチャンスを作る。後半は次々と攻撃的な札を切って1点を狙うも、最後までゴールは遠かった。
 
【浦和|寸評・採点】
GK
1 西川周作 6
バックパスを的確に処理し、ピンチにも落ち着いて対応。51分のミドルもきっちりと弾き出した。80分の失点シーンに自責はなく、及第点を与えられる出来だ。
 
DF
6 遠藤 航 5.5
開始5分に興梠へ正確なクロスを届けたが、目立ったのはこのシーンくらい。堅実な守備だけでなく、攻撃への関与も増やしたい。
 
22 阿部勇樹 6
序盤が裏のスペースを突かれる場面が散見されたが、時間の経過とともに落ち着きを取り戻し、マウリシオとともに中央突破を防いだ。
 
2 マウリシオ 6.5
最終ラインの裏に抜けてくるスルーパスに盤石の対応。ビルドアップにも大きなミスはなく、終始安定したプレーを披露した。
 
5 槙野智章 6
立ち上がりは、サイドに流れてくる金崎をタイトマークでケア。後半は攻撃参加が増えたが、決定的なチャンスには絡めなかった。
 
MF
16 青木拓矢 5(74分OUT)
リンクマンとしては明らかに落第点。後半に盛り返して速攻の起点になったものの、見せ場は作れないままピッチを去った。守備で奮闘していたのが救いか。
 
9 武藤雄樹 5.5(88分OUT)
スペースを消され、窮屈なプレーを強いられた。時折見せるドリブル突破は可能性を感じさせるも、最後の局面を崩すまでには……。
 
MF
10 柏木陽介 5(83分OUT)
L・シルバのタイトマークに苦しみ、序盤は前を向けず。局面での競り合いでも後手を踏み、持ち前のパスセンスは最後まで見せられなかった。
 
15 長澤和輝 5.5
相手の運動量が落ちた後半はルーズボールを拾って前へ運び、攻撃に推進力を与えた。アンカーにスライドした終盤はこれといった活躍はなし。
 
8 ラファエル・シルバ 5.5
非凡なキープ力を発揮する一方で、スペースへ抜け出すシーンはほぼ皆無。守備では高い位置を取る西に翻弄された印象だ。
 
FW
30 興梠慎三 5
前線で孤立し、裏へ抜ける動きも味方のパスと噛み合わず。インサイドハーフに下がってからボールに触れる機会が増えたが、効果的な配球はできなかった。
 
交代出場
FW
21 ズラタン 5(74分IN)
前線の起点としては不満な出来。ゴール前で身体を張る鹿島守備陣に手を焼き、期待されたゴールは奪えなかった。
 
13 高木俊幸 -(83分IN)
出場直後に蹴ったセットプレーはゴールにつながらず。「仕掛けてチャンスを作りたかった」という意気込みも実らなかった。
 
DF
46 森脇亮太 -(88分IN)
右サイドバックで出場。アグレッシブな守備で起点を潰すなど闘志は見せた。
 
監督
堀 孝史 5
先手を打ってズラタンを投入するも機能せず。鹿島の術中にハマり、前半から続いた攻撃の停滞を改善できないまま終了の笛を聞いた。

取材・文:五十嵐創(サッカーダイジェストweb編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。