【ソウル聯合ニュース】第22回韓日内政関係者セミナーが6、7の両日、ソウルで開催される。韓国行政安全部が5日、発表した。

 セミナーは、両国の地方行政の発展と交流・協力の拡大を目的に1991年に初開催された。地方行政の懸案、両国共通の関心事項に関するセミナーをテーマ別に開き、経験や情報を交換し、双方の行政現場に合った優秀事例を発掘している。

 今回は「社会革新を通じた地域共同体の活性化」と「外国人住民政策を通じた地域発展戦略」をテーマに開かれる。韓国側から同部の沈輔均(シム・ボギュン)次官らが、日本側からは総務省の安田充事務次官をはじめとする代表団が出席する。