72曲のスペシャルライブに挑む稲垣、草なぎ、香取/(C)AbemaTV

写真拡大

11月2日よりAbemaTVで放送中の「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」のグランドフィナーレの企画として72曲を連続で歌うスペシャルライブを2時間にわたって行うことが発表された。

【写真を見る】リハーサルで「R.Y.U.S.E.I」を踊る姿がVTRで映された/(C)AbemaTV

稲垣吾郎の「もしもの結婚式」のエンディングで稲垣、草なぎ剛、香取慎吾から重大発表が。番組のグランドフィナーレの企画として「72曲ホンネライブ」を行うことが発表された。草なぎは「僕らは自分たちの曲がないので、(他者の曲を)お借りして…」と話した。発表の後、10月31日に行われたリハーサルの様子がVTRで流され、草なぎがギター弾き語りを行う姿、星野源「恋」の恋ダンスや三代目J SOUL BROTHERSの「R.Y.U.S.E.I.」などを踊る姿が放送された。

草なぎはリハーサルのVTRの中で「自分が好きな曲を選曲した。弾き語りは生放送では初めて。お客さんの前でも初めて。止まっちゃったらどうしようとか緊張しますね」と緊張を隠せない様子。

香取は「リハーサルがほとんどできないという感じが見えてきたので。やべーっスよね。まぁでも歌うたうの好きなので、久々に歌をいっぱい歌える時間だから楽しみなのだけど、生放送でそれだけの曲数でほぼリハなし。本番。いやー挑戦的だねぇ。72時間の番組が初めてだから、ライブの時に立っていられるかもわからない。僕はそこにいますか?」とVTRから自分自身にメッセージを送った。

稲垣は「72曲やるのは未知数、心配のほうが多いですけど。そういう時どういう気持ちになるかはわからない。お客さんと一緒に盛り上がれたらなと思いますね。それまで3日間やってきたものがそこに現れるんじゃないですかね。笑顔で楽しくフィナーレを迎えられたらと」と意気込みを語った。

ライブの最後は、小西康陽が制作した番組のテーマ曲「72」を歌うことが決定。