犬の麻酔とは

犬に対し、麻酔を使う理由と言えば、手術を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。その通り、麻酔というのは手術で使用される物であり、その使い方は手術内容によっても様々です。

基本的には大きく全身に麻酔をかける全身麻酔と、ピンポイントでその部分だけ麻酔をかける局部麻酔の2種類あります。麻酔をかける際には、同じ病気だからすべて同じパターンでというわけではなく、年齢などを考慮して麻酔の種類を換えることもあります。

しかし、麻酔を使うのは手術時だけではありません。動かずに行わなければいけない検査の時や、歯石を除去する際にも使用されるため、どんな犬であっても麻酔を使う機会がやってくる可能性はとても高いのです。

犬に麻酔を使う際のリスク

近年、犬に対して使う麻酔は安全性が高まってきているという声がある一方で、まだ犬に麻酔を使うリスクがあることは否めません。では、犬に麻酔を使う際、どのようなリスクを負わなければいけないのか、知っておきましょう。

麻酔によるデメリットの可能性

まずは麻酔を投与することにより、デメリットが生じてしまうリスクを懸念しなければいけません。デメリット(リスク)の中でも多い例としては臓器に影響を与えてしまう可能性が挙げられます。

元々持病のある犬の場合は、他の犬よりもリスクが高まる恐れがありますし、中でも肝臓や腎臓に持病がある場合には、特に注意が必要となります。

なぜならば、麻酔の薬は肝臓で分解される、腎臓から排泄されるようになっているため、肝臓や腎臓が弱い犬の場合には肝臓や腎臓の機能に悪影響がでる恐れが考えられるからです。

短頭種は呼吸困難の恐れ

パグやブルドッグなどの鼻先が短い犬種は、元々鼻孔が狭いことから、他の犬種に比べると呼吸がしにくい犬種と言われています。そのため、麻酔をかけた際に口の中にある軟口蓋が他の犬種よりも長いことが多く、気管を塞いでしまい、呼吸困難に陥ってしまう恐れがあることを忘れてはいけません。

特に注意が必要なタイミングとしては、麻酔をかけ始めた際と麻酔から目覚める覚醒時に呼吸困難が起こる可能性が高いため、注意が必要です。

麻酔後のリスク

麻酔をし、施術の際には問題がなくても、無事に終わり家に帰った後で後遺症が発覚してしまうというケースも珍しくありません。

先ほどお話ししたように、臓器への悪影響がそのまま残ってしまい、麻酔後に体調を崩してしまうケースもありますし、その他にも様々な麻酔後の影響が考えられるのです。

これらの麻酔後のリスクというのは、ベテランと言われている長年施術してきた獣医師さんでも予測が不可能と言われているため、判断が難しいところです。

飼い主はどうするべきなのか

いくら麻酔にはリスクが伴うからと言っても、手術をしなければいけないという場合も多くあります。その場合には、必ず麻酔をしなければいけません。では、少しでも麻酔によるリスクを避けるために、飼い主はどのような事ができるのでしょうか。

まずは本当にするべき手術なのかをもう一度考え直してみましょう。多くの場合、手術をしなければいけない状況だとは思いますが、中にはしなくても命にかかわらず問題ないケースもあります。例を挙げるならば、考え方次第ではありますが、去勢、避妊手術は室内で飼われている犬にとって、必ずしも必要だとは限りません。

麻酔をし施術しなくても大丈夫であれば、リスクを負わなくて済みますので、それに越したことはありませんよね。

そして施術してもらう獣医師さんは、本当に愛犬の命を預けることのできる相手かを考えましょう。いつも診察してもらっている獣医師さんであっても、手術の経験がしっかりあるのか、また成功確率は、など様々な点を確認するべきです。

ホームページなどに実績が載っていることもありますので、麻酔というリスクが伴う施術をする前に、疑問や不安がるのなら一度確認してみると良いでしょう。

他にも手術をする前に細かい検査をしっかりすることで、リスクを軽減することができたり、手術の際には事前に注意事項が言い渡されるため、その注意事項を厳守するということも大事です。

例えば、前日は絶食するなどの注意事項が言い渡される事がありますが、「可哀想だから」と言って食べさせてしまうと、リスクが高まる危険性がありますので、絶対に止めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。麻酔には様々なリスクが伴うということを知らなかったという人も多いはずです。知らずに投与させ、「こんなはずじゃなかった」となる前に、最後に紹介した私たちができる事前準備はしっかりと行っておきましょう。


(獣医師監修:加藤桂子先生)