城島茂、中居正広の“合宿所時代からの行動”を暴露

写真拡大

TOKIOの城島茂が、11月5日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系、毎週日曜22:00〜)に出演し、同時代に合宿所で過ごした中居正広とのエピソードを語る。

藤木直人、上田晋也、森泉が、スタジオにゲストを迎えてトークを繰り広げる同番組。ゲストの自宅紹介VTRや友人からの暴露など、プライベート情報が満載で人気を博している。

放送当日の5日が「素敵に生きる男性を応援する」記念日「いい男の日」ということで、城島はいい男として、先輩の東山紀之の名前を挙げ、いつ楽屋にあいさつに行っても腹筋をしていて、自身のメンテナンスを行っているからだと理由を明かす。城島自身は、おしゃれなランチをすることがいい男の休日の過ごし方だと思っているそうだが、ロケの仕事が多く、都内でランチをする機会が少ないという。そこで、藤木と森が六本木のおしゃれなランチに連れて行く展開に。

さらにスタジオでは、貴重なジャニーズ事務所に入った時のジャニー社長との面談の秘話や、合宿所で過ごしたエピソードを披露。初めて社長から電話がかかってきた時、城島は思わず勘違いをしてしまったそう。また、合宿所で同じ時代を過ごした中居とのエピソードも紹介。城島さんが尊敬している中居が、当時から行っていたある行動とは……。