[11.5 J2第40節 金沢1-1岐阜 石川西部]

 J2リーグは5日、第40節を各地で行い、ツエーゲン金沢はホームでFC岐阜と1-1で引き分けた。10月7日の愛媛戦(○4-1)以降、5戦負けなし(2勝3分)。岐阜は9月24日の福岡戦(●1-2)から7試合勝ちなし(2分5敗)となった。

 ホームの金沢はJ2残留を確定させた前節の山口戦(○1-0)から先発1人を変更。出場停止のMF小柳達司に代わってMF太田康介が6試合ぶりに起用された。一方、3連敗中の岐阜は前節の松本戦(●1-2)から先発2人を変更。MFシシーニョが出場停止で、DF福村貴幸が2試合ぶり、MF永島悠史が11試合ぶりの先発復帰となった。

 先制点を奪ったのは金沢だった。前半19分、ワンツーから右サイドを抜け出したDF石田崚真が中央に鋭いクロス。高くジャンプしたFW佐藤洸一が頭で合わせ、豪快にゴールネットを揺らした。

 一方の岐阜も前半32分、右サイドでボールを持ったMF小野悠斗の縦パスにDF大本祐槻がフリーで抜け出す。中央でマークを振り切ったFW風間宏矢がダイレクトでゴールに流し込み、試合を振り出しに戻した。

 1-1の同点で折り返した後半は互いに攻めあぐねる展開が続く。岐阜は後半13分、長いスルーパスから右サイドを抜け出した大本が中央に折り返し、MF田中パウロ淳一が左足でシュートを放ったが、GK白井裕人にブロックされた。

 金沢も後半25分、後半から出場したFW山崎雅人のスルーパスから佐藤がPA内左に抜け出すが、シュートはGKビクトルに阻まれる。同38分にはMF宮崎幾笑のセットプレーからチャンスをつくったが、ゴールを割ることはできなかった。

 岐阜は後半40分、MF庄司悦大のクロスをPA内のFW難波宏明がマイナスに落とす。受け取った永島がドリブルで左に動かし、グラウンダーのシュートを放ったが、大きく左へ外れた。互いに最後まで勝ち越しゴールを奪えず、試合は1-1のままタイムアップを迎えた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第40節 スコア速報