FW船山貴之の挙げた2点目をGK佐藤優也が守り抜いた

写真拡大

[11.5 J2第40節 千葉2-1町田 フクアリ]

 10位ジェフユナイテッド千葉がホームで15位FC町田ゼルビアを2-1で下した。2013年以来の5連勝を飾り、暫定で8位に浮上。J1昇格プレーオフ進出に希望をつないだ。

 千葉は前節・大分戦(2-1)から先発1人をチェンジ。FW清武功暉に代わり、前節に途中出場から2ゴールに絡んだMF為田大貴が3試合ぶりにスタメン起用された。一方、町田は前節・讃岐戦(1-1)から2人を変更。DF金聖基が5試合ぶり、MF戸高弘貴が2試合ぶりに先発復帰した。

 先制したのはホームの千葉。前半10分、MF佐藤勇人のスルーパスからMF町田也真人が右サイドを抜け出し、右足で低いクロスを送る。PA内中央のFWラリベイには合わないが、ファーからフリーで走り込んだ為田が右足でコントロールショット。これがゴール右隅を射抜き、3試合ぶりとなる今季3得点目で均衡を破った。

 前半21分には思わぬ形から追加点が生まれる。ラリベイとMF森村昂太が競って裏へボールが流れると、先に追いついたDF金聖基がバックパス。しかし、そのまま自分で処理しようと飛び出していたGK高原寿康と呼吸が合わず、GK高原がトラップミスしたボールを拾ったFW船山貴之が、PA内中央から右足でガラ空きのゴールへ流し込んだ。

 船山は3試合連続の得点で今季7ゴール目。前半は千葉が2-0とリードして折り返す。反撃を図る町田は後半17分、PA内右からMF平戸太貴が左足で送ったクロスがファーにこぼれ、反応したFW戸島章が倒れながらも左足で押し込む。古巣対戦となる戸島の今季6ゴール目で1点を返したが、終盤は千葉GK佐藤優也の度重なる好セーブに遭い、5試合ぶりの黒星を喫した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第40節 スコア速報