『君の膵臓をたべたい』(コミック版)

写真拡大

 世に存在するさまざまな「ヒット商品」。しかし、そんな中、ある場所でのみ、“局地的”にバカ売れしているモノがある。局地的ヒット商品の秘密を探った!

偏差値の差「30」! それぞれの大学で売れている本を調べてみた

 大学の偏差値によって売れる本は違うのか? 実際に大学の生協へ足を運び、調べてみた。

 初めに向かったのは、偏差値50程度の東京郊外にあるT大学だ。購買部のスペースや蔵書数はそれなりだが、専門書のコーナーはところどころ棚がスカスカだった。購買部の販売員に教わった「青春恋愛コミック『君の膵臓をたべたい』が売れ筋である」との情報を裏付けるように、漫画コーナーには学生たちは群がっている。

「教科書以外だと売れるのはほとんど漫画か雑誌ですねぇ……」

 かたや、未来あるエリートが集う東京大学では、購買部のスペースが先述の大学の数倍。専門書のコーナーも活気で溢れている。

「全国大学生活協同組合連合会」HPによると、この大学での1位は自大学に関する『東大2018 特集たたかう東大』。購買部には東大関連の書籍だけで埋め尽くされているコーナーまで存在していた。

 日本一の大学である自負を感じる。しかし、購買部にいた現役東大生に話を聞くと「世界ランクでは下がってしまったので、もっと読書して勉強しないと……」と意外に謙虚だった。その謙虚さが、名門たるゆえんなのかもしれない。

<大学で売れている本>
東京大学(偏差値:80)『東大2018特集 たたかう東大』
某T大学(偏差値:50)『君の膵臓をたべたい』(コミック版)

― 局地的[バカ売れ商品]の秘密28 ―