料理上手でお酒好きな編集者・ツレヅレハナコさんは、月に数回はホームパーティを開催。主催することも、招待されることも多いとか。そんな百戦錬磨のツレヅレさんが選んだホームパーティの手みやげには、「盛り上がって、邪魔にならない」おいしいものがずらり。

「私が招待されたときには、話の種になるようなエピソードを一つ語れるものを選ぶことが多いですね。例えば、『紫野和久傳』の高級な季節限定のからすみ餅とか…。華やかで盛り上がるスイーツや、冷蔵庫が満杯かもしれないので要冷蔵ではないものも、ホムパの手みやげのお約束です」

さらに、「とっておきのクラフトビールやミニシャンパン、おいしいコーヒーやちょっといいチョコレートなどを、ホストへ“おつかれ特別みやげ”として渡すこともある」とのこと。そんな細やかな気遣いができるのも、パーティ中は何かと忙しいホストの立場がわかっているツレヅレさんならでは。

オーボンヴュータン『プティ・フール・フリアンディーズ』

「甘いものの手みやげなら、迷わず『オーボンヴュータン』。これは少しずつ色々食べられるのが嬉しいし、見た目も華やかで、開けると必ず、わぁと歓声が。」

12種類の小さな生ケーキを詰め合わせた宝石箱のようなセット。日本橋郄島屋店でも購入可能。18個入り¥2,500。尾山台店 東京都世田谷区等々力2‐1‐3 TEL:03・3703・8428 9:00〜18:00 火・水曜休 

渋谷西村フルーツ道玄坂本店『りんご』

「ホムパを主催すると“何を持っていけばいいの?”とSOSが出されることも。そんなときの私の指令は“高めの果物専門店で季節のフルーツを”がお約束。」

レトロな包装紙にリボンをかけたギフト包装も、手みやげにぴったり。1個¥650(税込み。価格は季節や品種などにより変わる)。通販可。東京都渋谷区宇田川町22‐2‐1F TEL:03・3476・2001 9:30〜22:00 無休 

オオヤコーヒ焙煎所『コーヒー豆』

「パーティの主催者には“あとでゆっくり飲んでね”とお気に入りのおいしいコーヒー豆を。グラインダーを持っているか否かは予め要確認だけど。」

焙煎違いで4種類の豆を販売。200g ¥1,300(税込み)。通販可。京都府京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F G号室 TEL:075・211・5398 11:00〜21:00 火曜休(祝日は営業) 

プラム食品『梅リキュール 星子(ほしこ)』

「私主催の会で手みやげにいただいた梅のリキュール。スパイスが効いていて食前、食後酒にぴったり。あまりにもおいしくて、早速リピート中!」

伝説のバーテンダー、愛川“デニー”誠次郎氏がプロデュースする自然派の梅リキュール。スパイスと酸味のマリアージュがクセに。720ml ¥3,000。通販可。和歌山県西牟婁郡上富田町生馬1474‐1 info@hoshiko.jp 

紫野和久傳『からすみ餅』

「目上の人や、かしこまった席の手みやげにはもちろん、日本酒を楽しむときにオススメ。その場で焼いて、みんなで少しずつ食べて感動を味わうのが楽しみ!」

きめ細やかでねっとりとしたからすみを、のし餅で包んだ極上の味。11月上旬〜2月下旬の限定品。桐箱3枚入り¥4,500 。通販可。堺町店 京都府京都市中京区堺町通御池下ル TEL:075・223・3600 10:00〜19:30 無休 

手作り点心 また明日。『シューマイセット』

「カジュアルな持ち寄りパーティに持参するのは、大きくてプリプリしている作りたてのシュウマイ。温かい惣菜は、お花見など屋外の集まりでも好評。」

エビ、肉、ホタテの全3種のジューシーなシューマイの詰め合わせ。各4個入り¥1,035(税込み)。通販可。東京都中野区中野5‐52‐15 中野ブロードウェイB1 TEL:03・3389・6502 11:00〜19:00(なくなり次第終了) 日曜休

お酒と、お酒に合う食べ物のことばかり考えているフリー編集者。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)など多数。

※『anan』2017年11月8日号より。写真・山口 明 スタイリスト・中根美和子 文・野尻和代 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)