『零落』では自身の周囲の出来事をさらけ出した

写真拡大

 映画化された『ソラニン』など多くのヒット作を生み出してきた漫画家・浅野いにお氏。時代を繊細に切り取る青春群像劇を描いてきた浅野氏が、これまでと違った作品を発表した。

 この作品、連載を始める段になって、浅野氏本人がツイッターで「売れなくていい」「誰も読まなくていい」と高らかに宣言したことで話題となった。その作品とは『ビッグコミックスペリオール』に連載された『零落(れいらく)』(9月に連載終了)。

 浅野氏自身を連想させるヒット漫画家が主人公で、離婚に風俗通い、アシスタントとの確執など暗澹とした生活に心が荒んでいく……という物語。主人公が見るからに浅野氏に見えることから、何ともゴシップ感の漂う作品としてファンの間では驚きの声が上がった。

 浅野氏は「自分勝手なワガママで描いた作品なので、読みたくない人は読まなくていい」と考えていたという。

「最近、キャラクターが自分と同じ年代ではなくなってきたんです。20代の頃は思っていることを描けば良かったけど、いまは想像で描いている部分も多い。

 逆に30代半ばになって、周囲の出来事の中から、『これは漫画にしたら絶対に面白くなる』という、20代の頃にはなかった感覚が出てきた。描きたい“ネタ”があるんですよ。でも、それを描く場がない。発散できない想いから虚無感になっていて、これを描かないと前に進めないと」

 そうした自身のプライベートでの経験が、作品の大きな指針となっている。浅野氏自身が人生の転機を迎え、実際に内容の構想にも変化を与えたという。

「当初のネームでは、夫婦の話を中心にやる予定だったんです。でも、いざ連載する頃には僕が離婚しちゃっていて。『じゃあ、漫画でも離婚した話を中心に描こう』ということで、ストーリーの土台を変えたんです」

 これまでの浅野作品と大きく違うのは内容だけでなく、キャラクターもリアルなことだ。

「『零落』のキャラクターには全てモデルがいるんです。もちろん漫画に落とし込むにあたり脚色していますし、実際とは違う部分も多いんですが。

 でもモデルがいる分、これまでの作品とは段違いに台詞作りが難しかった。ネーム作りは別格に時間がかかりました。例えば風俗嬢の子は、知り合いの夜の世界の娘がモデルなのですが、僕と連絡が取れなくなったのも現実と同じなんです。もし取れていたらストーリーも違ったかもしれませんね(笑)」

 なぜ、浅野氏はそこまで自分の生活や想いをさらけ出すのか。

「僕は、自分は青年誌作家の最後尾、アンカーだと思っているんです。自分の後ろには同じように時代を表すような青春漫画を描く人がなかなか出てこない。上手い漫画を描く人はいますが、“間違いがない”漫画なんです。

 僕は自分自身が10代のとき、青年誌の漫画を読んで育った。例えば大学生の生活とか、それに憧れて実際に体験したりして。漫画に影響されていたんです。やっぱり、僕はそういうのって必要だなと思う。それは漫画じゃなくて映画とかでもいいのかもしれないけど。自分は漫画家なので、若い人たちが自分の漫画に影響を受けてほしい。漫画なんかで人生って決まっちゃったりする──。その“罪”の片棒を担ぐのが漫画家らしい。僕はそう思うんです」

 次世代の漫画家への想いと同時に、読者に対して感じることもあるという。

「SNSで読者の人の反応を見ると、すごく感動したと言ってくれる人がいます。作家を神様のように思っている人もいるようなのですが、実際はちょっと絵の描けるおっさんなんですよね(笑い)。メディアに出ているのは漫画家のかっこいい一部で、そうではない人間らしい部分もある。そのギャップを描かないのはフェアじゃない気がしているので、漫画家のリアリティも『零落』のなかで描きました」

 時に「若者の代弁者」というような表現をされる浅野氏が、30代になった等身大の自分を描いた『零落』。同世代の人にとっては見過ごせない葛藤が詰まっているのかもしれない。