今、服やアクセサリーを買うのが楽しくてしょうがないです。これまで筆者は、「服なんて周囲に不快な印象を与えなければそれでいい」と思っていました。が、パーソナルカラーと出会って180度変換。今回は、「自分に似合う色がわかるのはこんなに楽しいんだ」ということをお伝えしたいと思います。

喪女なので結婚したくてもピンク色デビューができない!

突然ですがみなさん、買い物するときに自分の好きな色のものばかり選んでしまいませんか?とくに服やインテリアは、似たような色のものが増えがち。かくいう筆者もそう。カットソーもスカートだけでなく、目覚まし時計やまな板まで緑色です。

一般的には彼氏がほしいならピンク色を選んだ方がいいと言われているのですが、なかなか冒険できず……。なんだかピンク色の服って、「彼氏募集中です!」とデカデカと書かれたたすきをかけているような気がしませんか?男に飢えていると思われそうで、抵抗があるんですよね。

ただ、本気で婚活するのならそんなこと言っていられません。初対面の男性は、女性を外見でジャッジしがち。男性があまり着られない、女性らしい色を着た方が好印象なのは間違いありません。

「真面目に婚活しないとな〜」と思っていた筆者のところに届いたのが、カラーレッスンとメイクレッスン体験の提案メール。

発案者である副編集長が選んでくれたのが、マナースクールGraceの「自分色発見!カラーレッスン」という婚活女性にピッタリな講座。これまで色に関しての知識はあまりなく、ピンク色は恋愛運アップにいいとか白は写真うつりをよくするという話をどこかで聞いたことがある程度。元々あまり服に興味がないので、それほど色を意識せず生きてきました。

本音を言うと好きな色を着ている自分を好きになってほしいので、「行く必要あるかな」と思っていた部分も……。完全になめきっていたのです。

まずは顔の近くにパーソナルカラーを取り入れよう

でも、自分に似合う色を知っているのと知らないのとでは、天と地ほど違うんですね。

カラーレッスン講師の丸川久美子先生曰く、似合う色を着ていると、若々しく見える、明るく元気に見える、素顔でもキレイに見えるそうです。逆に似合わない色を着ていると、老けて見える、黄ばみ・くすみ・影が入る、色が目立って顔の印象が薄くなる、といったデメリットが。

中央の色は同じなのに外側の色を変えるだけで大違い!

丸川先生に、やや苦手意識のあるピンク色を取り入れるにはどうすればいいのか聞いてみたところ、色には明るさ、暗さの明度だけでなく、鮮やか、穏やかなどの彩度もあるので、ピンク色といえども種類は豊富。ショッキングピンクからパールピンクまであるので、そのなかから自分のパーソナルカラーに当てはまる色を選べばOKなのだとか。

また、トップスを変えることに抵抗があるなら、スカーフやネックレスなど顔の近くのものだけ変えればいいそう。ブラウスが好きな人は、付け襟をパーソナルカラーにしてもいいかもしれません。

カラーレッスン講座では、まずグループ分類の質問に答えて、自分のパーソナルカラーのグループ確認から。これは、セルフチェックNGでした。客観性が求められるので、誰かに見てもらわないと意味がないのだとか。インターネット上の無料診断は自分の好きなように選んでしまうので、正確さに欠けるそうです。ここら辺は体のツボと一緒で、誰かにやってもらって初めて自分の意外な一面がわかるものなんだと思いました。

好きだけど似合わない色は顔から遠いところで楽しもう!

診断の結果、Spring、Summer、Autumn、Winterの4つのグループのうち、筆者のパーソナルカラーはSummer。明るい、穏やか、ブルーベースの色が似合う、とのこと。

SUMMERの色味。

並んでいるのは明るくソフトな色ばかり

そのあとは様々なドレープを顔のすぐ下にあてていって、ピタリとくる色を見つけてもらいました。4色のドレープが7セットあったので、合計28色。実際に比較をすると、全然印象が違うということを実感しました。

ドレープをあててみて、Summerの場合ピンク色ならサーモンピンクではなく、バイオレットピンクが似合うと判明!

Springタイプのスタッフさんで、例を見てみましょう。

普段なかなか選ばない色ですが、確かに似合うということがわかるので、変な抵抗感はありませんでした。ただ、秋冬のニットはさすがにこの色がなく、Summerに分類されているパステルピンクをゲット。婚活はこれで頑張ります。

写真は色がくすんで見えますが、実際はもっと明るめです。

もちろん、いつも着ている緑色もパーソナルカラーにチェンジ。これからは、深い緑色をやめて、Summerグループのパステルグリーンなどの明るい緑色をチョイスしたいと思います。好きなミュージシャンのライブは、引き続き緑色の服を着ていく予定です。

左がビフォーの緑色、右がアフターの緑色です。

丸川先生によると、パーソナルカラーを知ったからと言って好きな色を捨てる必要はないとのこと。ボトムスやバッグ、靴など顔から遠いところで使えばいいそうなので、ご安心ください。今まで好きだったアイテムも、うまくパーソナルカラーと組み合わせればOK。今回、アクセサリーなら、パールやシルバーの繊細なデザインのネックレスがいいとおすすめされました。そこで早速、3COINSで買いました!

まとめ

似合う色は自分の魅力を引き出してくれる!

Graceのカラーレッスンを受けてみて、変なプライドにこだわっていた自分が恥ずかしくなりました。これまでの人生、随分と損をしていたと思います。

自分に似合う色を知るだけでこんなに爽やかな毎日が送れるなら、もっと早く知りたかった!女子高生のときから知っていたら、モテモテの人生を歩めたんじゃなかろうかと……。パーソナルカラーのなにが素晴らしいかというと、おしゃれが楽しくなるのもそうなのですが、一番は似合う色のトップスを着ていると顔が白く見えるので頑張って化粧しなくても良さそう。ズボラ女子にピッタリです。

受講後、新しい服を好きな色じゃなく似合う色かどうかで選べるようになるのはかなり大きいと思います。パーソナルカラーの色を着ているときは、自然と笑顔が増えるんです。筆者は服を選ぶとき、鏡の前で思わずにやにやしてしまいます。前よりも大人になったような気分です。

これから友達が似合わない色を着ていたら、「一度試してみて」と言おうと思います。

眉毛を描くと描かないのとでは雲泥の差!メイクレッスンを受けた筆者にモテ期到来!?後編に続きます。

【取材協力】
※マナースクールで自分磨きをするならグレース 東京青山校・大阪本町校
http://www.grace-school.jp/