春秋航空日本は、武漢・天河国際空港での搭乗手続き時間を10月29日より変更した。

従来は出発時刻の100分前から45分前まで行っていた搭乗手続きを、10月29日以降は出発時刻の150分前から60分前までに変更した。春秋航空日本では、時間の余裕を持って空港へ向かうように呼びかけている。

春秋航空日本は、東京/成田〜武漢線を水・土・日曜の週3便、ボーイング737-800型機で運航している。