長崎のストライカー、ファンマ。この日は不発に終わったが、チームは1点を守り切った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 J2リーグは11月5日、40節の11試合を開催。J1自動昇格争いは熾烈を極めている。

 2位の長崎は、敵地で水戸と対戦。試合は、長崎が前半終了間際の45分に飯尾竜太朗が先制点を挙げると、後半アディショナルタイムにも中村慶太がダメ押しの追加点を挙げ、長崎が2-0で勝ち切った。長崎は勝点3を上積みし、勝点を74に伸ばして自動昇格圏の2位を堅持した。

 一方、3位の名古屋は敵地で岡山と対戦。37分に青木亮太が2試合連続となる先制ゴールを挙げ、これを守り切った名古屋が1-0で逃げ切り勝ち。名古屋は勝点72で、長崎を2ポイント差で追走する。また、青木は今季通算11点目としている。

 4位の福岡は15時30分から湘南と対戦する。