櫻井翔『先に生まれただけの僕』は“学園ドラマ”ではない? 第4話で始まった“学校改革”

写真拡大

 先週の放送で学校改革のための新しい授業の形を“模索”していたと思いきや、早くもそれを実行に移す。この日本テレビ系土曜ドラマ『先に生まれただけの僕』は、小さなテーマを1話のエピソードの中で解決させ、その積み重ねによって大きな主題に導いていくという、登場人物が多いドラマでは典型的な流れを外れ、独自の方向性を作り出そうとしているのだろうか。

参考:なぜ勉強をしなければいけないのかーー櫻井翔主演『先に生まれただけの僕』が模索した答え

 4日に放送された第4話では、島津(瀬戸康史)が実践してみせたアクティブ・ラーニングの授業に感銘を受けた鳴海(櫻井翔)が、これを教師全員にやってもらうことはできないかと考え、1年生と2年生の授業にそれを導入し始める。ところが、それに不満を募らせた3年生からクレームが寄せられ、さらにその鬱憤を後輩たちが向け始めるのである。

 第1話では「奨学金問題」、第2話では「スクールカースト」と生徒を物語の中心において教師たちの模様が描き出されていた。しかし、先週の第3話では「デジタル万引き」がテーマに挙がりつつも、ドラマ全体の大きな主題となる“学校改革”につながる「アクティブ・ラーニング」が登場。それによって小テーマが軽いエッセンスとしてしか働かなくなったのである。

 そしてこの第4話ではもはや小テーマと呼べる部分が完全に取り払われ、“学校改革”のスタートが切られることと、それによって起きる出来事が描かれていた。ドラマ終盤でそのように流れが切り替わることは決して珍しくないが、まだ3分の1を過ぎた段階で形を変えてしまうというのは少々特殊に感じてしまう。

 そもそも鳴海の思い描く“学校改革”とは「赤字経営の学園を黒字化させる」という目標に向かい、「出願者数を増やす」←「進学率を上げる」←「生徒の学力を上げる」←「魅力的な授業を行う」←「教師たちの意識を変える」と、課題を逆算して考えられてきた。「教師たちの意識」がまだ半分ぐらいしか進まない段階で、「魅力的な授業」へと飛んでしまったということになるだろう。

 そうなると、飛ばされた課題である「教師たちの意識」というものが、やはりこのドラマの物語の要となっていくのである。小テーマが失われたことによって、その色がかなり濃くなると同時に、今度は学校を経営している樫松物産の比重も大きくなり始める。そう考えると、これはもはや“学園ドラマ”ではないとバッサリ決めてしまってもいいのだろうか。

 それでも、鳴海がサラリーマンから教育者へと姿を変えていくというようなスタンスだけは崩さない。なんて掴みどころのないドラマだろうか。不満を爆発させようとしていた3年生たちを体育館に集め、将来のヴィジョンについての話をするのだ。改革のプランに3年生が含まれていないことを謝罪しつつも、このようなことは社会に出れば普通にある、と半ば開き直ったように話を始める。

 そして、「どういうときに頑張るのか、どういうときに逃げるのか。線引きをしてください」と、上からではなく一歩前を歩いている先輩として彼らに語ることで、しっかりと彼らの心に届けるのである。それを象徴させるかのように、鳴海は生徒たちと同じ体育館の床の上で語りかけているのが印象的だ。真正面から、ひとりの大人として生徒に接していく。こういうシーンを観ていると、もっと鳴海と生徒との物語へ振り切って、社会派的要素を持ちつつも、純粋に“学園ドラマ”であってほしいと思わずにはいられない。

■久保田和馬映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。