米軍横田基地で演説するトランプ米大統領=5日午前11時16分、東京都福生市、山本裕之撮影

写真拡大

 トランプ米大統領は5日午前、アジア歴訪の最初の訪問国として日本に到着した。

 大統領専用機「エアフォースワン」で米軍横田基地(東京都福生市など)に降り立った。約2千人の米兵や自衛隊員の前で演説し、核とミサイルの開発を進める北朝鮮を念頭に「いかなる独裁者も、国家も、米国の決意を過小評価するべきでない」と述べ、軍事的措置の可能性をちらつかせながら牽制(けんせい)した。

 巨大な星条旗が掲げられた演台にトランプ氏が立つと、米兵から「USA」の大合唱が起きた。マルティネス在日米軍司令官から、空軍ジャケットを送られると、「着た方が良いかい?」と笑顔で袖を通した。さらに、米兵らに直接「君らの階級は何だ? 上げようじゃないか」と語りかけると歓声がわき起こった。

 演説では「日本は、米国の貴重なパートナーで、重要な同盟国だ」と強調。「私のアジア歴訪を始めるのに、素晴らしい米兵と自衛隊員がいるこの基地以外にはない」と語った。

 その上で「米軍と自衛隊が肩を並べ、自信に満ち、結びつき、これまでにないほどの能力を持ち、ここに立っている。我々、同盟国の心に自信を吹き込み、同時に、敵の心に恐怖心を食らわす。こうあるべきだと思わないか」と語った。

 演説では、北朝鮮を名指しすることは無かった。ただ、北朝鮮を念頭に「暴君が進む道は、必ずや貧困と苦痛と隷属に続くということを歴史は繰り返し証明している。一方で、強い国家と自由な人々には、繁栄と平和の道がある」と訴えかけた。

 演説を終えると、大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」に乗り込み、安倍晋三首相が待つ埼玉県のゴルフ場に飛び去った。

 トランプ氏は7日に韓国に発つまで滞在する。6日には天皇、皇后両陛下と会見。安倍首相との首脳会談の後、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会し、横田めぐみさんの母早紀江さん(81)らと会う予定だ。(土佐茂生)