北東の季節風弱まる  各地で気温上昇の見込み/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 5日 中央社)中央気象局によれば、台湾は5 日から7日にかけて、北東の季節風が弱まり、各地で気温が上昇する。5日の最高気温は、北台湾で23〜24度、中南部で28〜30度となる予想。だが、朝晩は各地で気温が18〜20度まで下がり、昼間との寒暖差が大きくなるとして注意を呼び掛けている。

気象局によれば、5日は基隆や北海岸、宜蘭一帯で雨の確率が高くなる。それ以外は、北部で曇り、中南部で曇りや晴れとなる見込み。南部では夜、一部で小雨がぱらつく可能性がある。

6〜7日、気温はさらに上がる見込み。気象局の予報員は、7日は各地で晴れとなり、北台湾では最高気温が28度まで上がるとしている。だが、8日には北東の季節風が強まる影響で、気温が1〜2度下がるため、注意が必要だという。

(陳葦庭/編集:楊千慧)