ハリルのリール凱旋に仏紙も注目 “強気発言”に「朗報、バヒドは変わっていない」

写真拡大

かつて指揮を執ったリールの地へ ブラジルとのマッチメイクは自身の提案

 日本代表は現地時間11月10日、フランスのリールでFWネイマールらを擁するブラジル代表と対戦する。

 かつてリールで指揮を執ったバヒド・ハリルホジッチ監督は、リール市長との交友関係から、世界最強のセレソンとの対決が実現した経緯を明らかにした。

「スタッド・ピエール・モーロワで行われる日本対ブラジル戦は、2万人の観衆が予想される」と見出しを打って報じたのは、フランスの地方紙「ノールの声」だった。

 昨年フランスで行われた欧州選手権で、1998年から2002年まで指揮を執ったリールの市のアンバサダーを務めたハリルホジッチ監督。リールでブラジル代表と対戦するマッチメイクは自らの提案だったという。

「ユーロの間、私はリールのアンバサダーだった。親善試合を組む考えがあったんだ。ダミエン・カステレイン(市長)に伝えたら、素晴らしいアイデアだと言っていた」

「ブラジルは現在世界最高のチームだと思う」

 ハリルホジッチ監督にとってリールは特別な地だ。リーグ・アン昇格2年目の2001-02シーズン、当時中田英寿氏が所属し、スターを数多く擁していたセリエAの強豪パルマをUEFAチャンピオンズリーグの予備予選3回戦で撃破。センセーションを巻き起こした場所で、王国ブラジル相手にタクトを振るうことになる。

 メンバー発表の記者会見で「私は最近の10試合を見た。個人的には、現在世界最高のチームだと思う」とブラジル代表を称賛したハリルホジッチ監督だが、ただ胸を借りるだけではない。

 記事では、「もちろん簡単な相手ではない。勇気、謙虚さ、我々の価値、強さとともにブラジルと戦う」と“ハリル節”が炸裂したコメントを紹介するとともに、「朗報。バヒドは変わっていない」とブレない強気な姿勢について触れている。

 かつてのホームで、ハリルホジッチ監督はどんな歓迎を受けるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images