「猜疑心が強い」「感情が不安定」といった傾向が顕著に見られるようであれば、ある心の病気の可能性も考えたほうがよいのかもしれません

写真拡大

パーソナリティは人それぞれとはいえ、「猜疑心が強い」「感情が不安定」といった傾向は、あまり人から好まれないでしょう。

もっとも、こうした傾向はその人の属する社会や文化を物差しに測っていて、精神症状は基本的に相対評価ですが、こうした傾向が顕著になれば、精神医学的にはパーソナリティ障害の可能性も出てきます。

ここでは、その原因とされる心理的な要因と共に自分の性格を見直してみるためのヒントを詳しく解説します。

嫌なことが起きた時にとる行動で、その人がよく分かる!

平穏無事な毎日はなかなかそうは続かず、思いがけず嫌なことだってあるかもしれません。例として、前から買いたいと思っていた洋服をやっと手に入れた時を考えてみます。

こうした時はなかなかうれしいものです。仮にですが、それを着て外出した際、通りすがりの小さな子供から「ダサい!」なんて言葉を投げかけられたらとします。ショックはかなり大きいかもしれませんが、その時の反応はその人をよく表わすものです。

ある人は家に帰ったあと、何もする気が起きず、そのまま部屋に閉じこもってしまう。ある人は「親のしつけがなってない!」と、親のせいにして何とか怒りをしずめる。でも、またある人は何かに八つ当たりしてしまうかもしれません。

こうした反応は、そのショックから心がそれ以上傷つかないよう、半ば無意識に行われる行動パターンです。心理学の用語で「心の防衛機制」と呼ばれます。この防衛機制に何か問題があれば、以下のようにパーソナリティに問題が生じる原因になります。

心の防衛機制が病的になれば……

パーソナリティ的な要因で対人関係上、問題が生じやすくなることがあります。例えば、猜疑心が強すぎる場合です。ここでは具体的な例として、夫が浮気をしているのではないかと疑いやすい妻を考えてみます。

その背景にはさまざまな要因が考えられますが、場合によっては夫が浮気などをしていないにも関わらず、妻の疑念が不合理に強まる場合も考えられます。

こうした場合、妻は元々疑り深い性格なのかもしれませんが、思考に不合理性が高まる背景には、心の防衛機制が病的になっている可能性もあります。

思考の不合理性、特に妄想に関係する心の防衛機制としては「投影(projection)」が代表的です。この例でもその背景にあった出来事として、妻が週末のプランを夫に相談したら、夫は「仕事が入っているから無理!」とつれなかったとします。

その時、妻は内心の怒りが大きかったのか、心の奥底で「浮気でもしてやろう!」といった気持ちが生じたとします。でもそれをはっきり意識にのぼらせれば、自分は浮気をしたがる、言わば、いけない人間になってしまいます。自分の心を守るために、浮気をしたいのは自分ではなく、夫の方にしてしまう……。不合理な猜疑心は、「浮気をしたい」という自分の気持ちを相手に「投影」させたことが原因だったのです。

感情が不安定になる意外な原因とは?

感情に不安定な傾向が強まれば、安定した対人関係を維持することは難しくなるでしょう。他者との間に円滑な対人関係を築いていくことは、社会生活を送る上での基本的な要素ですが、その土台にあるのが自分と親との関係です。

人は生まれてから、はじめて構築する人間関係が自分の世話をする親との関係です。乳幼児期のまだ物心がつく前の時期でも、自分が親から世話をしてもらえれば、笑顔になるもの。その時、子供の心の中では親は「良い」存在になっています。反対に自分が親の世話を欲している時、それがないと、親は「悪い」存在になってしまいます。

親は子供が泣くなどして、世話が必要なサインを示せば、適切に対処するでしょうが、時にはそれが子供にとっては十分ではないかもしれません。その場合、子供にとって親は時に「悪い」存在になりますが、時間と共に子供はそれを受け入れることを覚えていきます。しかし場合によってはそれに問題が生じる場合もあります。それが大人になってから物事を「良い」か「悪い」かの二者択一で見るルーツになることがあります。

他人には自分にはない良い面もあれば、悪い面も必ずあります。他人を「良い」か「悪い」かの二者択一で評価することはできませんが、他人には良い面だけでなく、悪い面があることを受け入れないと、その人に対する感情がなかなか安定しないはずです。この傾向が顕著になれば、パーソナリティ障害の中でも「境界性パーソナリティ障害」に該当する可能性も出てきます。

以上、パーソナリティの問題として、今回は特に「猜疑心が強すぎる」「感情が不安定すぎる」ケースを取り上げましたが、自分の「心の防衛機制」をはっきり意識することは、自分の性格をこれまでとは違った角度から認識するヒントになるかもしれません。

また、自分を育ててくれた親が自分の心の中でどのような位置を占めているかも、時にしっかり考えてみたい命題かもしれません。心の中には親の「良い」面ばかりではなく「悪い」面も一緒にあるでしょうか? この二面性が心の中でしっかり統合されていることもパーソナリティを健全に保つポイントのひとつです。 (文:中嶋 泰憲)