私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

婚活を公言する必要性
 結婚のプロたちの多くは、「『婚活しています!』って周りに公言しておいたほうがいい。きっと、みんな協力してくれるわよ!!」と言う。だから私も、結婚相談所に入会をした直後から「本気で婚活しています!!」と声を大にして言うようにした。実際、少しではあるけれど、いろんな方から「知人にこういう人がいるんですけど、会ってみない?」と声をかけていただく機会が増えた。言霊信仰を完全支持するわけではないが、声に出すことで夢を現実にする力が少しは働くことも期待している。

だが、それ以上に「私、婚活しています!」と公言しなくてはならない理由がある。それは、「あの人は『結婚できないんじゃなく、しないんです』の主義なのかも……」とひそかに思われないための布石である。そんなポリシーはむしろまったくない!ここ、ちゃんとアピールしておかないと、結婚できない寂しい女、イタい女、という称号を勝手に与えられてしまうから。

実際、35歳を超えたあたりから、ひと回り以上歳下の後輩や部下たちが、私に対して結婚や恋愛の話をするのを避け始めた。40代になってからは、「私はアキ子さんのように仕事1本で生きていく気はありませんので……」「私、仕事だけの人生なんて嫌なんです。ちゃんと結婚して普通に家庭作りたいんです」と悪びれもなく言ってくるようになった。もっと悪意のある一部の人には、影で、「仕事に人生を捧げたアキ子さんと同じレベルを求められても困るよねぇ〜」「アキ子さんは結婚していないから、仕事に打ち込むしかないんでしょ……可哀そう」……などと嘲笑を交えて揶揄されていたのも知ってる。

大好きな仕事を無我夢中でこなして得た知識を見返りも期待せず後輩や部下に伝授しているにもかかわらず、この言われようったら!なんなの!?

でも、ムキになって「結婚できないんじゃありません!」と叫ぶのは負け惜しみのように聞こえ、ますますイタい女と思われそうなので、「私、婚活しています!」と言って回ることにしたのだ。結婚しようとしている……つまり、結婚しない人生だから寂しく仕事をしているわけではない!決して幸せな人生を諦めたのではない!まだ女として終わったと思っていない! そういう主張を含んでいる。

男性目線だと婚活宣言する女は、がっついて見える!?

だが、世の中は、婚活というものをそうポジティブに受け取ってくれない。

特に男性陣には「『婚活しています!』って言わないほうがいいんじゃない?」と声を潜めて言われる。「私、モテないダメ女なので結婚できませんでした!」と自分で言い回っているように思えるのだそう。だから、「そもそも、お付き合いしたことはあるの?」「モテそうなのに、どうして……」と、全くモテない女という前提で話をされる。内心、「おいおい、バカにすんなよ!」って思いつつ、「“モテる”のと“いい人と巡り合う”のは違いますよね?」「結婚ってタイミングも重要要素ですよね?」と笑顔で言うとちょっとは納得した風に相槌を打ってくれるが、その次に来る言葉は決まってこうだ。

「でも……愛情もなく条件優先で結婚するなんてさぁ、そんながっつく感じ、男から見たら怖いよ」

「お金がある男と一緒になれば幸せになれるって保証はないよ!僕の知り合いのお金持ちの男なんてさぁ〜……(ここから先は、浮気をしまくってる、とにかく変態だ、的なネガティブな“金持ちダメ男”の話が続く)」

はぁ?別に、がっついてないし!! 

私、「お金持ちと結婚したい!」なんて、いつ言いましたっけ!?

つまり、男性の多くは女の本気の婚活は“愛情抜き&条件優先で玉の輿婚を狙う活動”と決めつけているのだ。だから、「私、婚活しています!」という言葉は、「私、お金のために結婚したいんです!」という主張で、婚活している女性はもれなく“強欲な女”に見えるんですって! 

婚活サイトで知り合った男性に「俺、婚活中の女性はお断りなんです」と言われたときには、「はぁ?じゃ、なんでここに登録しているんだよ!ここには婚活している女性しかいないよ!!」って心の中でド派手に突っ込みまくった。婚活男子ですら、“婚活=条件で結婚する、愛情度外視の強欲なバカ女”と思っているのだ。

でも、そうならこっちも言いたい。「じゃ、条件ではなく中身で勝負したいということですか?そこまで言うならよっぽど中身に自信があるんでしょうね!?」

……まぁ、こういう発言をする人は、自分を“特上”とまでは言えないが、“並”以上だと思っているようですけど、偏った思考回路しか持たない自信家のことが多い。そんな男、こっちこそ願い下げだ!

私をよく知る男友だちからは、こうも言われた。

「“条件はいいけど結婚できないダメ男”と結婚するくらいなら、俺らのほうがまだまともじゃん!」

「そんな“ダメ男”と一緒になるくらいなら、一人でいたほうが絶対幸せになれるよ!」

なぜ、私が“ダメ男”と結婚する前提!? 

男性から見て、婚活女に引っかかる男性は“条件はいいのにモテない、難ありのダメ男”なんだそう。必至になって“ダメ男”を探す行為だから、バカでムダな好意だと思うようだ。

「私、婚活してます!」って大きな声で宣言することは、恥ずかしいかもしれないけど、大事なこと。

「私、婚活しています!」宣言は、ほかの人たちの目に、どう映るか?〜その2〜に続きます。