カーディ・B「Bodak Yellow」が全米チャート1位に シーンを騒がすフィメールラッパー6人

写真拡大

 つい最近、USのヒップホップ業界を盛り上げるニュースが発表されました。カーディ・Bという女性ラッパーの楽曲「Bodak Yellow」が、ビルボードのシングル・チャート1位をマークし、女性ラッパー単体の楽曲が全米1位を記録するのはなんと1998年のローリン・ヒル「Doo Wop(That Thing)」以来で、まさにヒップホップ・シーンにおける快挙とも言えます。

 このカーディ・B、ニューヨーク育ちのヒスパニックの女性(両親はドミニカ共和国出身)でラッパーになる前にはストリッパーとして生計を立てていたという経歴も。ストリッパー時代にSNSで発信していた「ぶっちゃけトーク」がウケ、満を持してラッパーとしてもブレイクした、という現代ならではのキャリア・パスを描いてきたラッパーでもあります。私生活でも世間を騒がせており、今年発売したアルバム『C U L T U R E』でさらなるブレイクを遂げたラップ・トリオ、ミーゴスのメンバーであるオフセットとの交際の様子も包み隠さずInstagramなどで発信。先日行われたライブでは、カーディのパフォーマンスの途中にオフセットが跪き、8カラットの指輪を渡して公開プロポーズするという出来事も! そして、彼女の返事はもちろんイエス! というわけで、何やら騒がしいヒップホップ・シーンの女性MCたちの新譜を紹介します。

 噂のカーディ・Bのフィアンセであるオフセットのグループ、ミーゴスの新曲には、カーディに加えて、ヒップホップ・シーンのみならずポップスのフィールドからも絶大な支持を誇るニッキー・ミナージュが参加。カーディとニッキーの二人は、もともと不仲ではないか? と噂されていたほど。ただ、彼氏との性生活を赤裸々にラップするカーディとは反対に、明らかに同性に対するディスをぶち撒けるニッキー。そして、Twitterでは「この曲の詳細を何も知らされないまま、勝手にリリースされた!」と不平を論じています。最近では、音楽シーンにおける自身の役割を自己分析するとともに、ヒップホップ業界、ひいては音楽業界全体において女性の発言力が軽んじられている、という風潮にも鋭い意見を申し立てたニッキーですが、2000年代のラップ・クイーンとして、今後どのようにリマーカブルな行動を起こすのか、楽しみなところでもあります。

 次に紹介するのは、現シーンきってのラップ巧者、ラプソディーの最新アルバムを。2015年にリリースされたケンドリック・ラマーの傑作アルバム『To Pimp A Butterfly』にも参加し、以降も新曲を発表するたびにその存在感を増していったラプソディーが待望の2ndアルバム『Laila’s Wisdom』を発表しました。アンダーソン・パック、テラス・マーティン、BJ・ザ・シカゴ・キッド、ムーンチャイルド、そしてケンドリック・ラマーなどなど、現代のブラックミュージック・シーンをボーダレスに盛り上げるアーティストたちに加え、バスタ・ライムスやブラック・ソート(ザ・ルーツ)といったべテランMC勢も参加。タイトルに用いられている「レイラ(Laila)」はラプソディーのおばあちゃんの名前。アルバムの中には、女性として強く生きていくことや、アフリカに根ざす自身のルーツを重んじることなど、おばあちゃんが教えてくれたこと(=ウィズダム)が散りばめられています。冒頭を飾る表題曲は、アレサ・フランクリンの名曲「(To Be) Young, Gifted And Black」を大胆にサンプリングし、「あいつらがあなたのことを何と言おうと、惑わされないで」と力強いライムでスタート。「もうオーヴァル(大統領執務室)からブラック・マン(オバマ元大統領)は去ったのよ」と、前作のEP「Crown」にも通じる、現トランプ政権を憂うような箇所も。そして、パーソナルな思いが強く溢れた楽曲群の中でも、筆者が心を揺さぶられたのは「Black & Ugly」という一曲。Twitter上で自身の容姿を揶揄されたことがきっかけとなって作られた楽曲だそうで、本曲では「本来の自分を表現するのにルックスは関係ない、自分は醜いかもしれないけど誰よりもカッコよくキメてるわ」とラップ。BJ・ザ・シカゴ・キッドが歌うフックも「あいつらは自分のことをブラックでブサイクだ、と言うんだ。でも俺は世界中が自分のことを愛してくれるようにと頑張ってるのさ」とポジティブなメッセージを内包しています。エピローグの位置付けとなる「Jesus Coming」まで、全編を通じてラプソディーが我々リスナーに寄り添いながら悩み、諭し、鼓舞してくれるような強さを感じるアルバムに仕上がっており、自分の置かれている環境に、迷いや悩みを感じる女性にも聴いて欲しいなと思う作品です。

 ラプソディーに続き、もう一名、強い意志をライムに落とし込んだ一曲をご紹介します。シカゴを拠点に活動している、ドリーズィーという女性ラッパー。1994年生まれの23歳で、アイドルのようなキュートなルックスも相まって「シカゴが生んだプリンセス・ラッパー」とも評される存在です。そんな彼女が発表したのが「Spar」という楽曲。

 ジ・インターネットのシドらとも共演歴のある若手シンガー、ブラック(6lack)、そしてやんちゃな言動がフォーカスされることも多いティーン・ラッパーのコダック・ブラックを招き、それぞれが現在のアメリカ社会に対する不満を吐き出す、という楽曲です。「良きペンマンシップにのっとって、私は言葉に書き出すわ。オフィスの半数が白人至上主義者だっているのに、私たちは(この国を)代表していると言えるの?」というラインや、「私は真実を言ってるの、この状況は十分ツラいわ。アイツらは私たちに見返りなんてくれやしない、無視されることばかりよ。もしもワシントン・DCに行ったらトランプを攻撃してやるの。私は政治家じゃないけど、この状況を知らないふりなんて出来ない」というフックにも力強さが溢れています。若いアーティストたちが集ってこうしたテーマで楽曲を発表するという点にも、彼女たちの真剣さを強く感じました。

 さて、お次はUKの注目フィメールMCを。ステフロン・ドン、という強そうな名前ですが、ジャマイカ訛りを交えたフレキシブルなフロウが注目を集めている新鋭ラッパーです。昨年、R&Bシンガーのジェレマイの楽曲「London」にフィーチャーされたほか、デビュー・ミックステープ『Real Ting』を発表。ガーアディアン誌には「ニッキー・ミナージュへの、UKからの回答がステフロン・ドンだ」とまで評されたほどです。そしてこの夏からフロアを賑わせているのが、NYを拠点とする人気ラッパー、フレンチ・モンタナをフィーチャーした「Hurting Me」です。

 流行りの、そして何より彼女のルーツでもあるダンスホール・バブスを前面に押し込んだメロディアスなトラックは非常に中毒性も高く、UKはもちろん、そろそろUSでもブレイク間近なのでは? と期待が高まります。どちらかというと、スペインやトルコの音楽に親しんでいるという背景もあるそうで、今後、どんな風に彼女のクリエイティビティが花開いていくのかも楽しみなところ。

 最後に、ネット上を中心に話題をバズらせているティーン・ラッパー、バッド・ベイビーの紹介を。この子、もともとはダニエル・ブリゴーリ、という名前で活動していました。なんと2003年生まれの14歳。もともと、窃盗や万引きなどを繰り返していた筋金入りの不良少女だったダニエル。母親が彼女(当時13歳)と共にテレビ番組に出演し、涙ながらに「この子をどうにかしてほしい」と相談したところ、ダニエル本人は「外に出て決着つけようぜ! どうだ?(Catch me outside, how bout that)」と悪態をつき、その動画が数々のミーム(ネタ画像・動画)にされ、ネット上にバラ撒かれたのです。また、彼女のアクセントによって「Cash me outside, how bout dah」と言っているように聞こえる! ということで「Cash Me Outside Girl」とまで呼ばれるように。みるみるうちに人気者(?)になり、ラッパーとしてデビューするまでになりました。今やメジャー・レーベルの<アトランティック・レコード>と契約を交わしていますが、そんな彼女に苦言を呈したのが、ダニエルの父親(なんと地元の警官)です。

 最新MVの「Hi Bich / Whachu Know」を見た父親は「性的な表現などにウンザリ。反吐がでる」と一蹴。そいて、MVの中にはカイリー・ジェンナーと思しき女の子が唇とお尻に注射を打ち、整形手術を施しているような描写もみられます(カイリーは唇をぷっくりさせるプチ整形を受けたことで有名)。「これはネット上でのイジメと変わらない。カイリー・ジェンナーと彼女のチームに対して自分の娘の行いに関して謝りたい」とコメントを発表しています。バッド・ベイビーことダニエル、一瞬の時の人としてすぐに業界を去ってしまのか、それとも強運を味方につけてラッパーとしてさらにブレイクするのか……? 色々な意味で彼女の今後が気になります。(文=渡辺 志保)