中国杯で優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

シニアGPでVデビュー、ジュニア時代は本田と熱戦…15歳に海外称賛「世間騒がせる10代」

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦・中国杯は4日、女子フリーでショートプログラム(SP)4位の15歳アリーナ・ザギトワ(ロシア)が逆転優勝。シニアGP初戦で鮮烈なVデビューを飾った。女王エフゲニア・メドベージェワを擁するロシアに新たに現れた“美しき新星”に対し、海外メディアは「世間を騒がせる10代」「ロシア最新のスケート・スター」と驚きをもって紹介している。

 次代のフィギュア界のヒロイン候補が鮮烈なVデビューを飾った。「ドン・キホーテ」の調べに合わせ、銀盤を舞ったザギトワは3回転ルッツ―3回転ループの高難度な連続ジャンプを決めるなど、演技後半に固めた7本のジャンプをほぼノーミスで着氷。15歳とは思えない完成度の高さを発揮し、日本の樋口新葉ら実力選手を抑えて優勝を勝ち取った。

 今季がシニアデビューの02年生まれ。ジュニア時代から美貌の天才少女として注目を浴びていた。ジュニアでは1歳上の本田真凜(関大高)としのぎを削り、3月の世界選手権では2位の本田を破って優勝していたが、今回は5位だった当時の盟友を破ってみせた。しかも、これがザギトワにとってGP初戦。堂々たる演技を披露し、海外メディアも驚いた様子だった。

素顔は15歳? インスタには羽生、メドベージェワと楽しげな2ショット写真も…

 フランスの衛星放送「ユーロスポーツ」電子版は「世間を騒がせる10代」と紹介。「アリーナ・ザギトワが夢のグランプリデビューを楽しんだ」と伝えた。米NBCスポーツは「ロシア最新のスケート・スターが中国杯で優勝」と見出しを打って報じ、ロシアで同じ10代の平昌五輪V候補メドベージェワを引き合いに出しながら、称賛している。

 インスタグラムに羽生結弦(ANA)とプーさんを持った2ショットや先輩のメドベージェワと姉妹のように顔を寄せ合った2ショットなど楽しげに掲載し、素顔はまだまだ少女らしさが残る15歳。しかし、平昌五輪ではメドベージェワとともに日本勢の強力なライバルとなる可能性も十分にあるだろう。

 米スケート専門メディア「icenetwork」によれば「初めてのGPで金メダルを勝ち取ったことは私にとって多くを意味します。だけど、これからも努力を継続していく必要があるし、栄光に向けて休んではいられません」と、さらなる進化を誓ったというザギトワ。これからの成長が楽しみだ。