素敵な男性と出会い、デートに行くことができたとしても、なかなか次につながらない……とお悩みではありませんか?

「また会いたい」と思ってもらえることができないと、恋愛関係に発展させることはむずかしいかもしれません。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性に「また会いたい」と思わせるモテテクをご紹介します。

 

■できるだけ「相手の話を引き出す」

たくさん話ができると、男性としても“楽しかった”という気分になりますし、波長や気が合う感じもして居心地がよいでしょう。そんな気持ちにさせてくれる女性に対しては、“また会いたい”とか“もっと知りたい”と感じるはず。

特に気をつかってしまう人の場合、ついその場を盛り上げようとして自分が頑張って話しがちですが、次につなげたいなら“できるだけ多くの話を引き出す”ように心がけることをおすすめします。趣味や休日の過ごし方などを質問してみたり、男性の話から共通点を見つけてみたり。うまく話を引き出すことができれば、男性も「自然体で話せた」と思ってもらえるでしょう。

 

■相手に伝わるようしっかりと「好意を示す」

男性からすると、そもそも自分に好意をまったく示してくれない女性には、次のお誘いをためらってしまうかもしれません。「なんとも思われていないだろうし、誘ってもどうせ断られるだろう」「迷惑かな」といった思いが強くなってしまうでしょう。

そう思われてしまわないよう、きちんと目を見て笑顔で接したり、男性の話にしっかりとリアクションを取ってあげたりして、興味を持っていることを伝えることが大切です。女性からの好意を感じたら、男性も誘いだす自信が持てますし、その女性のことがどんどん気になってもくるものですよ。

 

■あえて「早めに切り上げる」

気になる男性とのデートでは、“ずっとこのままでいたい”と思うことでしょう。けれども、かえって長く一緒にいすぎてしまうと、グダグダな状態になって終わってしまうことも。

そこで、あえて早めの時間に切り上げてみると、男性のほうは残念がって「もっと一緒にいたい」とか「また会いたい」という気持ちが芽生えるかもしれません。“もう少しこのままで”と思うかもしれませんが、勇気を出して盛り上がりがピークのところで終わりにしてみるのも、ひとつのテクニックです。

 

■「別れ際」は寂しそうにする

気になる男性と一緒に過ごすことができたのなら、もっとも重要なのはその“別れ際”になります。別れ際には“もう少し一緒にいたかった”と寂しそうな姿を見せるようにすると、男性に“もっと俺と一緒にいたいんだ”という想いが伝わり、また誘いたいと思われるかもしれません。「楽しい時間はあっという間だな……」なんて、ちょっと寂しそうにつぶやいたりしてみるといいかも。

 

気になる男性に「また会いたい」と思わせることができれば、いつしか彼のほうがあなたに夢中になっているはずです。男性にうまく追いかけさせることができれば、恋愛関係へと発展できる可能性も高くなるでしょう。

【画像】

※ Kseniya Ivanova/shutterstock