主演の石原さとみ(左)とその弟を演じる小笠原海(右)/(C)TBS

写真拡大

TBS系で2018年1月期に放送される、石原さとみ主演の金曜ドラマ「アンナチュラル」に、メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急でダンサーとして活躍する、カイこと小笠原海の出演が決定した。小笠原が連続ドラマに出演するのは今回が初となる。

【写真を見る】真面目ながら、お姉ちゃんっ子な秋彦を演じる小笠原/(C)TBS

小笠原が演じるのは、石原演じる“法医解剖医”三澄ミコトの弟である三澄秋彦。真面目で責任感が強く、予備校の講師として働いているという秋彦は、“お姉ちゃんっ子”な一面も持つ役柄だ。

小笠原は出演が決まった時の気持ちを、「心からうれしかったです。演技をすることが今とても楽しくて、新鮮な経験なので連続ドラマにレギュラー出演できることが幸せです」と語り、喜びをかみ締めたよう。

「普段家族といる時には何も意識せずに話しているので、その感覚を演技で自然に出すことを考えました。あとは、役柄と同じ予備校教師の動画などを見たりしました。現場で監督やプロデューサーさん、姉ちゃんやお母さんと話していく中で秋彦をよりはっきりとつかむような感覚です」と、役作りの方法について明かした。

主演の石原の印象については「演技中はもちろんのこと、カメラの回っていないところでも気さくに話し掛けてくださって、本当の姉のように慕っています! また、役に対して真摯(しんし)に向き合っている姿にとても刺激を受けています!」と告白。

初のドラマ出演を機に、今後の目標については「連続ドラマや映画、チャンスがあればいろいろなことに挑戦していきたいです。普段の自分ではあり得ないトリッキーな役柄も演じてみたいです」と語り、「超特急のカイとしても、俳優の小笠原海としてもより上のステージに上がっていきたいと思います」と、意気込んだ。

小笠原が、真面目かつ“お姉ちゃんっ子”な秋彦をどのように演じるのか注目だ。