[Gear Maniax 番外編] マニアックすぎでしょ!50回記念アクセスランキングTOP5

写真拡大 (全4枚)

2016年11月11日から始まった[Gear Maniax]。ライト専門店「アカリセンター」のHATTA氏が、あふれる懐中電灯愛をつづったこの連載も、11月4日でなんと50回。取り上げるギアはライト・ランプがメインなのですが、それ以外にもマニアックなモノの数々を、独自の視点と写真で紹介してきました。

あまりにマニアックすぎて書いてあることがよくわからん!ということもあったりしますが、世の中にはこんなにおもしろいギアがまだまだあるんだ!と教えてくれる内容には、毎回驚かされるばかりです。

50回の中には「これは誰も興味ないでしょ」というマニアックギアもありましたが、では一体&GP読者はどんなギアに惹かれたのでしょうか。そこで、節目となる50回を記念して、これまでのアクセスランキングTOP5を発表します。

BOLLE SAFETY「RUSH PLUS 1662301 JP-H OD 陸上自衛隊カラー クリア」

いわゆる目を守るアイウエアなんですが、やはりポイントはテンプル(つる)部分に施された“陸自カラー”ではないでしょうか。陸上自衛隊が特注したカラーリングがそのまま仕様になったとのことで、まさにマニアックのひと言です!

>> 陸自特注を製品化!耐衝撃レンズで目を守るアイウエア

 

LED LENSER「T14」

ドイツのフラッシュライトブランド、レッドレンザーの極太モデルが4位にランクイン。シンプルなデザインに強力な照射力、同ブランドの魅力を余すことなく体現しているアイテムです。フラッシュライトといえばアメリカなイメージがありますが、デザイン性ではこちらの方が洗練されているかも。もちろん実力だって遜色ないですよ。

>> 単3×4で強力に照らす肉厚ボディのLED LENSER

 

SUREIFRE「2211 SIGNATURE」

プロ仕様のフラッシュライトとしてまず名前が挙がるアメリカのシュアファイア。それもそのはず、警察や軍への納入実績は抜群。というよりは、そもそもがそれら機関向けライトの製造からスタートしたブランドです。そんなシュアファイアが腕時計を作った!? と思ってしまいますが、そもそもこのモデルには元祖があり、それがミリタリーウォッチブランド、ルミノックスとコラボした「2211 LUMINOX」です。これはシュアファイアの「2211」というリストバンド型フラッシュライトにルミノックスの時計が付いたモノです。当然ながら10万円オーバーの高価なモデルなのですが、この時計部分もシュアファイアが作ったのが「2211 SIGNATURE」ということなのです。ガジェット好きにはたまらない、ちょっと変態なライトですよね。

ちなみにこのリストバンドライト、本来の使い方を知ってますか? シュアファイアって、暗いところを明るくするためというよりは、対峙する相手の目をくらますためのライトがブランドの始まりなんです。そう、この「2211」シリーズも拳銃を持った状態で前方を照らせるようになっていて、相手を目眩ますためのライトだったりするんですよ。

>> ガジェット感満点!SUREFIREの腕時計ライト

 

HAZARD4「plan-b '17」

ガチ軍モノブランド、ハザード4のワンショルダーバッグが2位にランクインです。ミリタリーではなく“タクティカル”です。米カリフォルニア州ロングビーチに本拠を置き、その道のプロをアドバイザーにタクティカルギアを数多く手掛けているブランドです。このバッグにも、タクティカルギアによく見られる“ウェビング”(=帯状のナイロンベルトでポーチなど各種パーツを留められる)がサイドに施されています。もちろん頑丈さは当然で、ちょっとゴツめのバッグが好きな人にとっては、普段使いしてもいいと思えるデザインではないでしょうか。

>> 自転車+電車通勤に便利なタクティカルスリングバッグ

LEATHERMAN「スケルツール RX レスキュー EMTs 消防 マルチツール」

堂々の1位、そしてアクセス数も実は2位を引き離してダントツ1位だったのは、レザーマンのレスキュー用マルチツールです。開くとプライヤー(ペンチ)になるマルチツールの元祖であり、男クサさ満点、男子なら誰もが心動かされるレザーマン。持ってても普段使わないよね? なんてツッコミは野暮。ナイフもドライバーもペンチも付いてる金属の塊。持つと手にズシリとくる重量感と詰まってる感が、世界中の男子を虜にするわけです。

このモデルは、レザーマンの人気モデル「スケルツール」をレスキュー隊員向けにアレンジしたモノで、オレンジ色の塗装が特徴的です。刃物なので取り扱いは注意ですが、レザーマン自体はバイカーなどにもいざという時のメンテナンスに使えるなど、まさにツール=工具らしさ満点です。ほとんどのモデルがシルバーか黒な中、このオレンジは、ちょっと他のモデルとは違うんだぞ、という雰囲気に満ちています。&GP読者、ひいては世の多くの男子にはマルチツールは人気ジャンルなんですが、さらにひと味違うという部分で、人気となったのではないでしょうか。

>> 細部まで作り込まれたレスキュー向けマルチツール

*  *  *

約1年、50回を迎えた連載[Gear Maniax]。今後も、フラッシュライトを中心に、世の中にはあまり知られていないけど、実はかなりの実力者的なギアを紹介していく予定です。更新は毎週土曜21時です。今後もご期待ください!

>> 連載

 

(文/&GP編集部)