4日、観察者網は、トランプ米大統領に先立ち来日した長女のイバンカ大統領補佐官について、「日本に『イバンカ旋風』が巻き起こった」と伝えた。

写真拡大

2017年11月4日、観察者網は、トランプ米大統領に先立ち来日した長女のイバンカ大統領補佐官について、「日本に『イバンカ旋風』が巻き起こった」と伝えた。

安倍晋三首相は3日、東京都内で高級懐石料理でもてなした。日本の市民がイバンカ氏の行動を逐一注目したのに比べ、米メディアはイバンカ氏が「男女平等社会の実現」を強調した点に注目して伝えていた。一方、父のトランプ氏はハワイに到着。12日間にわたるアジア歴訪をスタートさせた。

イバンカ氏は安倍氏との食事を終え、握手して「ありがとうございました。お会い出来て良かったです」とあいさつ。安倍氏はメディアの取材に「とても楽しかった」と語った。

米メディアは「日本はイバンカ氏を大歓迎した」と報道。東アジアでイバンカ氏は「一種の女性の権利の代表としてとらえられている。起業して成功した女性実業家であり、母親であり、新しい潮流をリードする存在として認識されている」と伝えた。特に日本では「女性にとって非常に勇気づけられる存在。結婚して子どもがいても、仕事で成功を勝ち得たため」と分析した。(翻訳・編集/大宮)