ラグビー日本代表は世界ランキング3位のオーストラリア代表と対戦【写真:編集部】

写真拡大

国内史上最多観衆の前で63失点完敗、ジョセフHC「前半は自分たちのゲームができず…」

 ラグビー日本代表は4日、「リポビタンD チャレンジカップ2017」で世界ランキング3位のオーストラリア代表と対戦(日産スタジアム)し、国内の日本代表戦史上最多となる4万3621人の観客が詰めかけたが、30-63で完敗した。

 日本は前半5分の先制トライを皮切りに、オーストラリアに計5トライを決められ、前半を終えて3-35と大きくリードを許す展開となった。

 後半、4分に初キャップのヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)のトライ、9分には松田力也(パナソニック)のペナルティゴールが決まるなど反撃に出るが、その後、オーストラリアに4トライを決められ、再び引き離された。日本はラストプレーで、こちらも初キャップの姫野和樹(トヨタ自動車)が猛進し、トライを奪取。スコアは33点差をつけられたが、後半は27-28と1点差。スタジアムは歓声に沸いた。

 2年後に19年ワールドカップ日本大会を控える日本代表。16年9月からチームの指揮を執るジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)は試合後、「前半は規律が守れず、スクラムも劣勢になるなど、自分たちのゲームができず苦しいスタートとなった」と振り返る。

「日本は成長している」―主将リーチ・マイケルが感じた収穫と課題とは?

「(オーストラリアは)非常に体格の大きな選手が多く、相手の勢いを止められず苦戦した。今後、取り組むべきはまず規律(の徹底)。選手はプレッシャーがかかるなかでも、空回りせず、自分の仕事に徹し、チームメートを信頼してプレーするべきだと思う。今後もワールドカップに向けて世界の強豪チームと戦うことでチームを強化していく」

 また、主将のリーチ・マイケル(東芝)は「日本は成長しているし、今日の試合で自分たちのレベルがはっきりわかった」と振り返る。

「今日までの3週間、ディフェンスの練習に重点を置いてきた。少しずつ良くなってはいるが、1対1の場面ではまだまだ力不足。自分たちがやりたいハイテンポのゲームとフィジカルの力がマッチしていないので、体力の強化が今後の課題」

 日本代表は今月、フランスに遠征。18日はトンガ代表(世界ランク13位)と、25日はフランス代表(同8位)と今年最後の試合を行う。ジェイミーHC体制となり約1年。今回のオーストラリア戦、そして、フランス遠征の結果は今後を占う試金石となる。