久保ミツロウ氏の名作漫画『モテキ』が、映画化されて大ヒットしたのは2011年。2010年にはこの言葉が流行語大賞にもノミネートされていますが、「モテキ」ならぬ「モテ期」というものは本当に人生で存在するのでしょうか?

30歳以降にモテ期が到来した人は、なんとたったの5.7%

そんな「モテ期」の実態について、株式会社アムタスが提供する電子コミック配信サービス「めちゃコミック(めちゃコミ)」ではアンケート調査を実施。その結果によると「モテ期がきたことがある」人は57%となっており、半分以上は経験していることが分かりました。

「わからない」人も24%と意外と多い。「後で振り返ればあれがモテ期だった?」ということかもしれない。

さらにモテ期経験のある人に、「最大のモテ期」の時期について調査。その結果をまとめたものが以下となります。

最大のモテ期

〜15歳……14.6%

16歳〜20歳……33.7%

21歳〜25歳……34.3%

26歳〜30歳……11.6%

31歳〜35歳……4.5%

36歳〜……1.2%

結果を見ると多くの場合、モテ期は16歳からはじまり、25歳が最大ピークとなる傾向にあるようです。そして26歳以降になると急激に落ち込み、30過ぎるとほとんど絶望的に!

なぜモテ期は若い時期にやってくることが多いのでしょうか?同調査によるコメントに「友達が高校に入ってから見た目が派手になり、男友達も増えてモテるように」(26歳・会社員)というものがありましたが、どうやら高校や大学、就職などの環境の変化が多いことが関係している模様。つまり環境が変わると出会いも増え、さらに自分自身もイメチェンできるので、それをきっかけにモテ期へとつながることが多いようです。

「変な異性まで寄り付く」など、モテることによる苦労も

異性にモテることは普通に考えると、たくさんのメリットがあります。同調査によると「モテ期がきてうれしかったこと」として圧倒的多数だったのは「女性として自信がついた」という意見。続いて「男女問わず交友関係が広がった」「いろいろな異性とデートを楽しめた」などがあり、充実したモテライフが垣間見えました。

しかしその一方で、同調査ではモテ期の意外な「デメリット」についても調査。その結果は以下となっています。

「軽い女に見られるようになった」「女友達が離れていくようになった」など、友人との関係が悪化するケースが案外多いらしい。

圧倒的に多いのは「変な男まで寄り付くようになった」。確かにモテる対象を自分で選べるわけではないので、自分が苦手としているタイプの異性に好かれるケースもあるでしょう。同調査に寄せられたコメントみると、「夜中の1時から朝の5時まで延々と電話で告白をされた」(31歳・パート)というストーカーっぽいものから「真昼間に堂々と誘拐されそうになった」(28歳・専業主婦)というほとんど犯罪行為も!これは確かに恐怖です。

一時期流行った「壁ドン」も、恋愛対象ではない男性にされたら相当怖いです……。

いくらモテ期といっても、交際できるのは1人だけ(二股以上の交際にチャレンジする場合は別)。いくら何でも順番に交際するわけにもいかないし、場合よってはモテている人と自分が好きな人は別というケースもあるかもしれません。そう考えると、モテるというのは案外いいことばかりじゃないのかも?いやそれでもやっぱりモテたい?そのあたりの価値観は人によりそうですね。

【調査概要】
・調査媒体;株式会社アムタス「めちゃコミック(めちゃコミ)」
・調査時期 :2017年8月31日(木)〜2017年9月1日(金)
・調査方法 :インターネット調査
・調査人数 :1,656名
・調査対象 :めちゃコミック会員