敗戦に大きな落胆を見せた小林だが、残りのリーグ戦へ気丈に前を向いた。写真:田中研治

写真拡大

[ルヴァン杯決勝]C大阪 2-0 川崎/11月4日/埼玉
 
 リーグカップで四度目の正直を狙った川崎が、またしてもファイナルの壁に跳ね返された。チームを率いるキャプテンの小林悠も大きなショックを受けている。

 
 小林はまず試合を振り返り、「最初の失点はしょうがない。ミスは誰にでもある。早い時間帯だったし、点が取れなかった自分たちが良くなかった」と、失点のきっかけを作ってしまったエドゥアルドをかばうとともに、「やはりミスが多かった。いつも通りのプレーができていない選手が多かった。そういうところかなと思います」と、チーム全体に硬さがあったことを認めた。
 
 試合展開としては川崎が圧倒的にボールを支配し、押し込んでもいたが、「押し込んでいるけど、ミスでカウンターというのが何度もあって……。ミドルもあって良かったし、(途中出場の)知念が入った時も、もう少し普通にクロスを上げてくれれば中で競れる選手もいたので。クロス、ラストパス、シュートも含めて、最後の精度が今日はすごく低かった」と、最終局面でのクオリティの低さを敗因のひとつに挙げた。
 
 さらに、自身のパフォーマンスに関しても背番号11はジレンマを感じていたようだ。
「右サイドは(相手の左サイドに当たる)キヨ(清武)がだいぶ絞っていたので、エウソンが毎回フリーになって、自分がエウソンの縦に顔を出して攻撃の起点になっていた。ただ、僕が外に出ることによって中の枚数が少なくなってしまう。僕が外に出て相手のセンターバックを引き出して起点を作ろうというスカウティングもあったんですけど、やっぱり自分が中にいないと得点が……」
 
 とりわけ前半はそうした傾向が強く、ハーフタイムでも修正が施されたが、最後まで状況を打開することは叶わず。「今日は何でこうなっちゃったのかな。ちょっとまだ分からない」と小林も肩を落とした。
 
 リーグ戦では残り3試合で鹿島と勝点4差と逆転優勝の可能性を残すが、「すぐには切り替えられないですね。目の前にチャンスがあるなかで勝てない。自分もそうですし、チームとしての弱さを感じた試合だった」と、大きなショックを窺わせる。
 
 しかし、それでも「ただ、これでチームが崩れたらもったいない。チームは一回連休に入るので、すぐには切り替えられないですけど、しっかり休んでみんなで集まった時には残り3試合に向けて、キャプテンとしてチームに良い風を吹かせられたらいい」と気丈に前を向いた。

【ルヴァン杯決勝PHOTO】C大阪×川崎の美女サポーターたち❤

 

プーマ フットボール公式アカウント
初タイトル獲得記念キャンペーンを開催