本誌カメラマンに笑顔でガッツポーズを見せるユン・ジョンファン監督。厳格な指導のなかにも、選手たちへの愛情に溢れる指揮官だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ルヴァンカップ決勝を制し、セレッソ大阪に初のタイトルをもたらしたユン・ジョンファン監督。この戴冠劇はお隣の韓国でも報じられ、全国スポーツ紙の『Sports Seoul』は同胞の指揮官をこう称えた。
 
「ユン・ジョンファンは日本に舞い戻った1年目で、見事にセレッソ大阪に悲願成就の初タイトルをもたらした。川崎フロンターレとのルヴァンカップ決勝で幸先よく先制点を挙げ、リードを守り、終了間際に加点。鮮やかな2-0の快勝を収めたのだ」
 
 同紙はセレッソの簡単なクラブプロフィールを紹介。ユン監督がクラブのOBにしてレジェンドであることに触れ、「昨季はJ2で戦っていた昇格したばかりのチームを、就任1年目のユン・ジョンファンが鍛え直した。現在Jリーグで3位をキープし、エンペラーカップ(天皇杯)でもベスト4に進出している。アジア・チャンピオンズリーグの出場権をも獲得しそうな勢いだ」と評している。
 
 さらに、「最初の(サガン鳥栖での)指導経験が大きかったのだろう。チームを2部から昇格させ、J1でも上位に引き上げた。その後帰国し、蔚山現代で昨季まで指揮を執ったが、古巣のセレッソに請われて監督に就任したのだ」と説明している。
 
 韓国人監督として初めて、日本国内でのタイトルを奪取したナニワ桜の智将。シン・テヨン代表監督をはじめ、「韓国産指導者」の人材不足が叫ばれるなか、本国でもその注目度が俄然高まっている。

プーマ フットボール公式アカウント
初タイトル獲得記念キャンペーンを開催