アストンマーティンのフラッグシップ2ドアスポーツ『ヴァンキッシュ』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク高速テストを開始しました。これまで『DB11』のテストミュールは目撃されていましたが、生産型ボディで現れたのは始めてです。

ヘッドライトとテールライトを刷新。フロントには現行より大きく口を開けたエアインテーク、カーボン製フロントスプリッター、エアバルジ、サイドシル、リアにはクワッドエキゾーストパイプにディフューザーを装備し、かなりアグレッシブなアピアランスとなっています。

パワートレインは、5.2リットルV型12気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載。最高出力は現行モデルの576psから一気に700psまで高められると噂されています。これは789psのフェラーリ『812スーパーファスト』にライバルに想定しているからと思われます。

ワールドプレミアは2018年秋が予想されていますが、遅れれば2019年年明けとなりそうです。

(APOLLO)

700馬力の超高性能モデルへ!アストンマーティン最強モデル「ヴァンキッシュ」次期型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/11/05/525063/)