アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV『Q3』次期型を再びスクープしました。2019年にも登場が期待される新型クーペSUV『Q4』のベースとなる次期型は、2代目にして大きく進化することが予想されています。

現行モデルはプラットフォームに『A3』や『TT』と共有する「PQ35」を使用していますが、次期型では最新の「MQB」を採用することにより、全長を5.6センチ、全幅を5センチ拡大しつつ、50kgの軽量化を図るようです。これは新たなエントリーSUV『Q2』との差別化、および近い将来誕生するであろうクーペSUV「Q4」との兼ね合いもあるはずです。

エクステリアも大きく変化しそうです。ヘッドライトは『E-トロン クワトロコンセプト』のように外側のコーナーをバンパーに向かって伸ばすようなデザインが採用されるほか、シングルフレームグリルを拡大。大型化されたルーフスポイラーを装備し、リアウィンドウは若干寝かされているスポーツデザインとなります。

パワートレインは1.5リットル直列4気筒TFSIエンジン、1.4リットルTFSIエンジンとモーターを組み合わせたPHEV「e-tron」、VWの「e-Golf」のEVシステムなどがラインナップされるとレポートされています。

ワールドプレミアは2018年秋とされ、ハンガリーのジェール工場で生産されます。

(APOLLO)

アウディ・Q4への序曲。Q3次期型は約6センチ延びて50kg軽量化へ(http://clicccar.com/2017/11/05/525049/)