【好き嫌い】無理強いしても…「子どもの野菜嫌い」対処法と注意点

写真拡大

ほうれん草、小松菜、ピーマン、ニンジン、どれもこれも栄養があります。でも、野菜嫌いの子にとっては苦痛な食べ物です。パン、うどん、フライドポテトなど好きなものばかり欲しがります。

「食べたくない」はもう聞けなくなるかも! 子どもの“好き嫌い”をなくす12の方法

野菜を食べてもらうには、どうしたらよいのでしょうか。

大人は「栄養のバランスを考えて」「ダイエットのため」と野菜を意識して摂る人も多いです。でも、この世に生まれてまだ数年の子どもには、なかなか目的意識が持てません。苦かったり、味がなかったりする野菜を食べたくはありません。

『「テキトー母さん」流子育てのコツ』の著者の立石美津子が、子どもが野菜嫌いになる理由や、対処法と注意点についてお話しします。

野菜嫌いな子が多い理由

味には五原味があります。

甘味…エネルギー源として生きるために必要で、人間が好みます塩味…身体の塩分バランスを保つため、自然に欲しくなりますうまみ…タンパク質の味で身体を作るもの。これも上記と同様です酸味…酸っぱい、腐敗のサイン、腐っている、危ないと感じる苦味…毒である、恐怖を感じる

1〜3は、身体に必要なものとして「美味しい」と感じるようにできています。

けれども、4、5は積極的に摂るように脳でシステム化されておらず、むしろ生物界では生存を脅かすものとして、拒否する傾向にあるそうです。

野菜(特に葉物野菜)は苦味があり、嫌いな子どもが多いです。繊維も多いので食感もモソモソして、いつまでも口の中に残ります。水分がなくなり飲み込めず、悪戦苦闘します。

こんなときは、次のように調理法を工夫しましょう。

片栗粉や葛粉でとろみをつけ、飲み込みやすくする。濃い味にならない程度に甘味、塩味を付ける。繊維に沿って切るのではなく、繊維を断ち切るような切り方にする。

また「たくさん食べてほしい」と多く盛りつけがちですが、苦手な食材なのですから、まずは少量からにしましょう。

嫌いな食べ物を口に無理やり押し込まれたら…

さて、嫌いな食べ物を無理矢理口に入れられたらどう思うでしょうか?

「オエッ!」となってしまい、食事時間が物凄く苦痛になりますよね。

そこで、たとえばニンジンが嫌いな場合、子どもにわからないように細かく刻んでハンバーグに入れても、嫌いなものに対して舌が敏感になっていますので、すぐにバレてしまいます。

そうなると、ニンジンが入っていないハンバーグでも、「もしかしたら、嫌いなニンジがン隠されているかもしれない」と疑われてしまいます。

私は保育園で仕事をしていましたが、保育園の給食では「残さず食べよう」とか「お皿をピカピカにしよう」という方針のため、保育士が一生懸命子どもに食べさせています。

そんなとき、つい「何とか食べさせよう」という思いが募って、子どもの大好きな白いご飯の上にのせて口に入れたり、汁物の中に入れて一緒に飲ませたりしていた保育士もいましたが、これは良くないですね。自分がやられたら、嫌ですよね。

嫌いな食べ物をどうやって食べさせる?

「このブロッコリーを食べないと、デザートのプリンはなしよ」

「お野菜を食べないと病気になるよ」

「野菜を食べない子にはお誕生日プレゼントはなしよ」

こんな風な脅迫はよくないです。

“馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない”の諺の通り、本人に「食べたい」という気持ちが生まれなければ、決して喜んで食べてくれません。

積極的に「食べたい」と思わせる方法はただ一つ。本人が食べたくなるように、周りの大人が「美味しい、美味しい、このニンジンはなんて美味しいんでしょう」と食べてみせるのです。

そのためには、大人と子どもの食事時間を別にしないで、一緒に食卓につきましょう。

保育園の給食では案外、家では絶対に食べないものを、友達が食べているのに釣られて食べているということはよくある光景です。これと同じですよ。

牧場の馬に餌のニンジンを食べさせたことがきっかけで、食べるようになった子もいます。

舌が敏感な子ども

偏食は、別の見方をすると“味がわかる”ということ。他の子よりも味の違いがわかったり、温度や切り方だけで食べたり食べなかったりする過敏な子どもなのです。

今はママにとっては“好き嫌いする困った子”に映るかもしれませんが、将来はその才能を生かして料理人になるかもしれません。シェフになった人で「幼い頃好き嫌いが激しかった」という話はよく耳にします。

無理強いしなくても食べられるようになる

好き嫌いをしないように厳しく育てて、何でも食べられるようになる子もいる一方、嫌いなものを強要されてトラウマになってしまい、「これだけは食べられない嫌いなものがある」となってしまうケースもあります。

私の場合は後者で、母が「うなぎはビタミンAやDがたくさん入っていて、栄養があるから食べなさい」と黒いベロベロの皮まで食べるように強要され、その結果、今では世の中で一番嫌いな食べ物になってしまいました。

嫌いなものが食べられるようになった理由は、先生や親から食べるように言われて食べられるようになったという子よりも、成長に伴って「自分から食べたい」と思ったためという子のほうがが多いという調査結果が出ています。

まとめ

今は様々な野菜が売られています。ピーマンが食べられなくても他のもので栄養は補えますので、一つの食材に躍起にならなくてもよいのかもしれません。

食事中、「残さず食べなさい!」「零さないの!」「肘をつかないの!」などと見張られながらの食事は気分の良いものではありませんよね。胃も痛くなってしまうかもしれません。

大事なことは無理矢理食べさせることではなく、誰かと一緒に “楽しく食べる”“美味しく食べる”ということです。

食事中はしつけなくてはならないことが山盛りですが、「今週はこれだけ」といった具合に、スモールステップで一つずつマスターさせましょう。