志麻(しま)  大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店で15年働く。家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録し、1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなる。予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。各家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で、フランス料理、和洋中など世界各国の料理に腕をふるう。各家庭の家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理が人気でリピーターが絶えない。フランス人の夫と生まれたばかりの子どもと3人で暮らす。

写真拡大

いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない!
「沸騰ワード10」(日本テレビ系)で話題沸騰中の 「伝説の家政婦」志麻さんが、ついに待望の処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』を発売! たちまち大きな話題となり、第4刷が決まった。
ふだんお家で食べたことのない「アッシ・パルマンティエ」、「ゆで卵とほうれん草のグラタン」、「にんじんのポタージュ」、「冷製トマトスープ」、「鶏手羽元のクリーム煮」、「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「ハヤシライス」、「メンチカツ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単! 贅沢レシピ」に変身するのか? 
これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
3時間で15品以上作るという志麻さんを、本書担当編集が直撃したレポートをお送りする。
(撮影:新居明子、構成:寺田庸二)

「ジョルジュ・ブラン」研修秘話

 フランスには地方によってたくさんの特産品があります。

 以前、この連載第3回でも紹介しましたが、フランスの三つ星レストランで志麻さんが半年間研修した「ジョルジュ・ブラン」があるブレス地方には「ブレス鶏」というブランド鶏がいます。

「ジョルジュ・ブラン」の厨房のまかない料理には、「ブレス鶏を使った鶏のクリーム煮」という信じられないほどおいしい料理があって、志麻さんたち「スタジエ」(研修生)は、これを食べられる日を待ちわびていたそうです。

 ただ、ブレス鶏は高価なのでなかなか手が出ませんが、本書で作り方の一部を公開した志麻さんの「鶏手羽元のクリーム煮」(本書 p.29とp31)は絶品です。

フランスに行ったら
これだけは食べてほしい

「フランスに行ったらぜひ食べてほしい『おふくろの味』って何ですか?」

 とお聞きしたところ、志麻さんから、

「各地の特産品を使った料理を食べてほしいです」

 とありました。

 志麻さんによると、ただのフランスの「パン」と「乳製品」(バターやチーズなど)でさえもおいしいのだとか。

 辻調理師専門学校フランス校時代、志麻さんは、学校が休みの日にフランス料理を数多く食べましたが、印象に残っているのは、近くのパン屋さんで買うパンや、スーパーで見つけたバターやチーズなどの乳製品だったそうです。

 チーズはフランス各地域によって味が違い、チーズやバターも日本よりかなり安くて味も圧倒的においしいのだとか。

 なぜ、フランスのチーズやバターは安くておいしいのでしょうか?

 まず、湿気がないので食感が違う。パンに使用する小麦粉も違う。日本より肉の味も濃く、野菜の味も全体的に濃い。日本の野菜は水っぽいのですが、フランスの野菜は水っぽくない。だからおいしいということです。

 最後に、志麻さんからメッセージがありました。

「現地に行ったら、パンとチーズ! 
 パンだけでも絶対に食べてください」

 冷蔵庫の少ない食材でできる、彩りあざやかな志麻さん「プレミアムレシピ」の数々は、連載第1回 を、ぜひご覧いただければと思います。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)