クラウドサービスベンダーのFIXERを立ち上げた松岡清一氏               Photo by Shinpo Kimura

写真拡大

最近、「生産性向上」という言葉をよく目にする。さまざまな“専門家”が原因と解決方法を口にするが、どれも的を射ているようには感じない。だが、日本の生産性の低さの根本はIT化が進んでいないことにあるとし、その原因を「IT担当者のリテラシーの低さにある」と訴える人物がいる。自治体の情報化コンサルティングなどを経て、クラウドサービスベンダーのFIXERを立ち上げた松岡清一氏だ。(取材・文/山岸裕一+YOSCA、企画編集/FIREBUG)

製造業の成功体験の呪縛が
日本のIT化の遅れを生み出す

──日本のビジネスシーンでは最近「生産性向上」について頻繁に取り上げられていますが、松岡さんはどのようにお考えでしょうか

 私は、長時間労働の是正など、生産性を向上させる鍵は絶対的にIT化、ICT(情報通信技術)化の推進が欠かせないと考えています。しかし日本ではICT化が進まず、IT部門の予算もあまり増えていません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)