来年1月から販売する「Bright Days」は税抜き1万円からという価格帯で、通常のナース服よりも高額な価格帯になる(写真:ナガイレーベン)

10月25日、都内で報道陣向けにナース服のファッションショーが開催された。主催したのは東証1部上場で、白衣のシェアトップのナガイレーベン。

日本人の顔色を美しく見せる効果のあるカラーを採用し、資生堂のノウハウを組み合わせたナース服の新ブランド「Bright Days」を2018年1月初旬より発売する。

販売だけでなく、資生堂とコラボレーションしたメイク講座をサービスで実施する計画も発表した。2018年1月からナースにふさわしいメイクアップや、患者や家族から見て親しみやすいヘアアレンジ、立ち振る舞いを学ぶ講座を開始する。

ニッチシェアで高収益企業の見本


ナガイレーベンはナース服などヘルスケアウエアで圧倒的なシェアを誇る(記者撮影)

会見したナガイレーベンの澤登一郎社長は、内装に凝った美容整形外科や歯科医院から、「そうしたインテリアに合う、新しい白衣がないのかという要望を聞き、開発した」と経緯を語る。

ナガイレーベンは社員数100人強、主要顧客は医療や介護業界ということもあり、決して一般的な知名度が高い会社とはいえない。

だが、その収益率には目を見張るモノがある。10月5日発表した2017年8月期決算は売上高170億円(前期比2.9%増)、営業利益52億円(同5.9%)と過去最高を更新。営業利益率は30.8%に達した。今2018年8月期も好調を維持する計画だ。

同社の創業は1915年。創業者の永井光次氏が神田神保町に白衣専門の販売店を開業したのが始まりだ。当時は業務用白衣といっても、食品加工業者で使われるものからレストラン向け、床屋用など幅広い業務用白衣を販売しており、メディカルウエアはその中の1事業だった。


転機を迎えたのは1969年。白衣の製造部門拡充のため、子会社のナガイ白衣工業を秋田県に設立した。一方で食品加工やレストラン用などからは撤退、多用途の白衣からメディカルウエア専門の製造販売事業に転換したのだ。

現在、ナガイレーベンの売上高は病院用のナースウエアや介護用のヘルパーウエアといったヘルスケアウエア事業が6割近くを占める。

残りは医者の白衣を扱うドクターウェア事業や、病院患者用ウエア事業、手術ウエア事業などだ。どの商品も企画、製造、販売を自社で一貫して行っている点に特徴がある。同社によれば、ヘルスケアウエアでは市場シェア65%と圧倒的な存在だ。

強さの秘密は何か?


会見する澤登一郎・ナガイレーベン社長。同社は一般的な知名度は低くても、高収益・高配当性向で市場では知られた銘柄の1つ(記者撮影)

実は、ナースウエアや医者の白衣といったメディカルウエアを購入しているのは病院ではない。

衛生さを保つために洗濯の頻度が多く、費用もかかるからだ。多くは専門洗濯業者がこうしたメディカルウエアを購入し、病院や介護施設にリースする方式をとっている。

一般的にメディカルウエアは1着あたり洗濯を100回程度すると、買い替えの時期を迎える消耗品だ。そのため、洗濯業者は継続的に買い替える必要がある。国内の医療、介護業界の成長に伴って、ナガイレーベンの売上高も右肩上がりを続けてきた。

さらに、ナガイレーベンでは東レやクラレといった大手繊維メーカーと共同で素材を開発。メディカルウエアは動きやすさのほか、手帳や筆記具の収納力、ウエアに付着した細菌が増えないような抗菌加工、医療機器に影響を及ぼす静電気を発生させない加工、白く薄くても透けない、といったさまざまな機能によって差別化を進めている。

こうした差別化商品を抱え、今後はシェアの低い九州や四国といった西日本でも販売の拡大を図る方針だ。今でも西日本では数人程度の小規模な競合メーカーが根付いており、ナガイレーベンは入り込めていなかった。

ただ近年はオーナーの高齢化や後継者不足により、競合メーカーが製造工程から手を引き、販売のみの事業者へ転換するケースが見られている。こうした競合メーカーをナガイレーベンの卸売り先にすることで、シェアを拡大する構えだ。

ニッチな高収益を維持できるか

そしてもうひとつが冒頭のような高単価が狙える高付加価値ウエアだ。医療業界では、健康保険でカバーされる保険診療とは別に、自由診療の比率を高くする病院が増える傾向にある。「こうした病院では通常のウエアが1着3000円のところ、ハイエンドウエアの1万円のものが選ばれるという市場ができつつある」(澤登社長)。

ただ、2018年は診療報酬と介護報酬が6年ぶりに同時改定される年でもある。医療・介護業界で支出を抑制する動きが広がれば、ナガイレーベンも販売への影響を受けざるを得ない。ナガイレーベンはニッチな高収益体質を維持していけるか。老舗企業から目が離せない。