無印良品にそっくりで、価格半分? これって使いやすいの? 買っていいの?

写真拡大 (全8枚)

シンプルでしっかりしたつくりの無印良品は、もはや収納アイテムの定番。でも定番なだけに、他社から一見そっくりなアイテムが出ていたりします。いったいどっちが買いなのか、検証してみました。


品質・使い勝手を超える
無印良品そっくりさんはあるのか?


「これ無印良品?」と見間違うほどそっくりなアイテムって、今や山ほどありますよね。しかも安いから、つい「ま、いいっか」と気軽に購入しちゃいます。でも実際に使ってみたら、「やっぱり値段どおりだった……」なんてガックリきちゃうことも。そこで編集部では、買っていいそっくりさん、ダメなそっくりさんを検証! 今回は収納グッズの定番「バクバク」を比較してみました。


おもちゃや文房具など、ざっくりとモノを入れることができるバクバク素材のバスケット。

無印の「重なるバクバク」は、編みが丁寧で美しいです。スタッキング使いや変形防止のため、表面が固めてあります。



無印良品
重なるバクバク長方形バスケット・中
購入価格:2400円
サイズ:約幅36×奥行26×高さ16cm

比較したニトリのバクバクはこちら。



ニトリ
バスケット バクバクM
購入価格:1224円
サイズ:約幅28×奥行20×高さ15cm

それでは、無印よりも1000円ほどお安いニトリのバクバクの実力を、細かくみていきましょう。


[比較〜悩爐畔圓漾老禹すぎ!
見分けもつかないレベルです


両者並べて、編みに注目してみました。素材はともにバクバク素材で、風合いや質感などはほとんど同じです。



こちらは無印良品のバクバク。表面が固めてあるので、さわると硬さがあります。



こちらはニトリ。見た目はウリふたつです。手で触らなければ、違いはほとんどわかりません。


[比較∋箸い笋垢機鰐軌は
持つと重みで手が痛くなります


つづいての比較は、使いやすさ。モノを入れたバクバクをそれぞれ手で持ってみました。無印良品のバクバクは、使いやすさのために表面を固めたことが逆効果となって、手で持つと痛いです。



残念ながら、無印のバクバクは、重いモノを入れて持つのには不向きかもしれません。

バクバクは、ひっかかりやすいので衣類などを入れたり、変形しやすい重いものを入れるのには向きません。その点、無印は変形防止のコーティングがしてあるので一見良さそうに思いましたが、実際に重いモノを入れて持つと手が痛いというザンネンな結果に……。

今回の比較では、ロフトのバクバクも比較しましたのでご紹介します。


[ロフト]浅すぎ広すぎで
取り出すときに超歪みます


同じバクバク素材でロフトでもそっくりさんを見つけました。おしゃれですが、口が大きいため中身が丸見えになってしまいます。また深さがないため、使うにつれ歪みやすいのも難点でした。



ロフト
バクバク スクエアM 浅型
購入価格:1620円
サイズ:幅32×奥行34×高さ14cm
※取材時の価格です。現在販売終了しています



おしゃれに見えても、長く使うのであれば使いやすさで選びたいものです。

ということで、今回の結論は「入れるモノを選ぶバクバクは価格半分のニトリで十分」でした。ぜひご参考にしてくださいね。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。