C大阪“主将”柿谷、悲願の初戴冠への歓喜と悔しさ 「最後までみんなと戦いたかった」

写真拡大

2トップで先発し守備的な任務も全う 後半39分にピッチを退く

 セレッソで長年育ってきた“天才”が味わった初タイトルの味は、甘美ながら少々苦さが混じったものだったようだ。

 ルヴァンカップ決勝、セレッソ大阪は2-0で川崎フロンターレに勝利。FW柿谷曜一朗は栄冠に喜ぶと同時に、最後までピッチにいられなかった自分への悔しさもにじませた。

 埼玉スタジアムで迎えた大一番。キャプテンマークを巻いた柿谷は、日本代表FW杉本健勇とともに2トップでキックオフを迎えた。その相棒である杉本が開始47秒でゴールを挙げて以降、C大阪は「川崎の選手の気持ちを強く感じた」と話す通り、受けに回る時間が長くなった。

 柿谷自身も守備に回る場面が増えたが、それでも「2点目、3点目を取る。隙があったら狙いに行く」と局面を打開しようとした。前半13分には巧みなダブルタッチからフィニッシュまで持ち込み、自らにマークが集まったと見るや冷静なサイドチェンジでリズムを変えようと創意工夫を凝らした。

 最後まで集中力を切らさなかったチームの戦いぶりについては、「90分間苦しい展開だったけど、DF陣がよく頑張ってくれました」とキャプテンとしての言葉を口にした。ただそれと同時に、柿谷曜一朗という“個人”としては別の思いもあった。

「自分への不甲斐なさが残る試合でした」

 この日、ユン・ジョンファン監督は試合終盤まで交代枠を使わなかった。初めてカードを切ったのは後半39分のこと。高さのあるMF山村和也とともに交代ボードに掲げられた数字は「8」、すなわち柿谷との交代だった。

「最後までみんなとピッチで戦いたかったですね。個人的には(最後までピッチに)立つべきだと思っていましたし。それができなくて、自分への不甲斐なさが残る試合でした」

 それでも昨季J2で昇格プレーオフを含めて満身創痍ながらもプレーを続けた姿は、持ち前のイマジネーションとともにセレッソを応援する人の心を捉えている。実際、このコメントの後に柿谷は「ただ、まあね、これだけ注目されたなかで勝てたのは良かったと思います」とも話している。

 だからこそ、チームとしての明確な結果と自らの理想とするプレーの両立こそが、これからセレッソがさらなるタイトル獲得を目指すクラブになるため、柿谷自身がこれから探求するテーマになるのかもしれない。

【了】

茂野聡士●文 text by Satoshi Shigeno

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images