キャプテンの柿谷が優勝カップを高々と掲げる。しかし表彰台では喜びとともに、違った思いもあったという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ルヴァン杯決勝]C大阪 2-0 川崎/11月4日/埼玉
 
 セレッソ大阪をクラブ史上初のタイトルに導いたキャプテンの柿谷曜一朗が、敗者の立場を気遣った。

 
 まず王座を掴んだ感想を問われた柿谷は、「最後までみんなと戦いたかったから、優勝どうこうより、個人的にはそこが不甲斐なかった。ただ、これだけ注目されたなかで、チームとして結果を残せてすごく良かった」と、自身は1点リードの終盤に途中交代を命じられたことに悔しさを覚えた様子だったが、クラブ初のタイトル獲得を素直に喜んだ。
 
 さらに報道陣から「表彰台からの景色は?」と水を向けられると、「そうですね。すごく不思議な気持ちでした。ただ、一番思うのは川崎の選手の気持ちが…、あそこ(ピッチ)に残されてね……。何度もそういう経験をしているんでしょうけど、俺らはその舞台に行ったこともないのに、こっち(優勝)まで来ちゃって、という気持ちがあって」と、4度目の決勝進出でまたも準優勝に終わった相手チームを思いやった。
 
「ただ、勝負事は勝った方がいい想いをするのは当然で、これで(C大阪が)そういうチームになったとは思いませんし、この先、こういう試合を続けていけるようにならないといけない」
 
 この優勝をきっかけにさらなるタイトル獲得へ――。チーム伝統の背番号8を背負うキャプテンが、クラブの飛躍を誓った。
 

プーマ フットボール公式アカウント
初タイトル獲得記念キャンペーンを開催