今年もあと2か月で終わり! あっという間にクリスマスシーズンの到来ですね。ちょっとした手づくりブームの今、クリスマスも手づくりを楽しんでみるのはいかがでしょう? フォトスタイリストとして活躍する貝賀あゆみさんは、毎年、手づくりクリスマスを楽しんでいるひとり。拾ったものや100円グッズでできる、デコレーションアイデアを教わりました。


リースは三角形でつくるのがおしゃれで簡単!


拾った枝を麻ひもで結び、100円ショップのフェイクグリーンをあしらったシンプルなリース。主張し過ぎず、さりげない存在感が、心を和ませてくれます。「クリスマスを過ぎたら、飾りを南天や松に替えて、お正月用のリースとしても使えますよ」。●材料(1辺30cm・1個分)

・好みの枝(長さ30cm) 3本
・ユーカリなど好みのフェイクグリーン(長さ10〜15cm) 3本
・麻ひも 適量●つくり方

(1)枝は端から2cmくらいずつのところでクロスして三角形に重ね、重なった部分を麻ひもでしっかり結ぶ。


(2)グリーンを(1)の底辺に1本、右辺に2本、右下から枝に沿うように重ね、(1)と同様に麻ひもで固定する。バランスを見て、葉の形を整える。


(3)上方の角に、麻ひも20cmをとおして固結びし、壁にマスキングテープなどでとめる。いかがでしたか? ESSE12月号の特集『ちょこっと手づくりで楽しむクリスマス』では、ほかにも貝賀さんのお金をかけない手づくりアイデアを紹介しています。こちらも、クリスマスの準備に間に合うようにチェックしてみてください!

●教えてくれた人
【貝賀あゆみさん】
日本フォトスタイリング協会認定1級フォトスタイリスト。インテリア、雑貨をすてきに撮影するための講座を開いている。ブログ「暮らしの小さなアイデア帳」を更新中

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>