2年後のU-20ワールドカップに向け、好スタートを切ったU-18日本代表。次は中1日でシンガポールと対戦する。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 2年後のU-20ワールドカップを目ざす若武者たちが好スタートを切った。
 
 ワールドカップの出場権が掛かるU-19アジア選手権を来年に控えたU-18日本代表は、モンゴルでの予選に参戦中。モンゴル、タイ、シンガポールとともにグループIに入り、11月4日、ホスト国のモンゴルと初戦を戦った。
 
 氷点下に近い気温でのゲームとなったが、日本は前半から攻撃陣が爆発。早い段階で原大智(FC東京U-18)がネットを揺らすと、安藤瑞季(長崎総科大附)と郷家友太(青森山田)も得点。前半だけで3-0とした。
 
 迎えた後半も日本の勢いは止まらない。立ち上がり早々に安藤がこの日2点目となるゴールを奪い、その後も攻撃の手を緩めず7-0の大勝。初戦を最高の形で終え、日本はさっそくグループ首位に立った。

 AFC公式サイトが影山雅永監督のコメントを紹介。「こうした大会の初戦はたいてい難しいもの。選手たちはとても冷静に戦ってくれた。モンゴルはメンタル面でもフジカル面も優れたチーム。次に向けての改善点が見えた」と語っている。
 
【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定〜高校・ユース編

 今予選は10グループに分かれて争われ、1位の10チームと2位の上位5チームが本大会への出場権を掴む。日本は11月6日にシンガポールと第2戦を戦う。