北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、「帝国主義の思想的・文化的浸透」を阻止しなければならないとする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮では、韓流をはじめとする海外コンテンツが密かに流入しており、多くの一般庶民、とりわけ青少年が海外文化に触れ、影響を受けている。論説は、拡散がとまらない海外文化を統制する狙いががあると見られる。

論説は、「帝国主義の思想的・文化的浸透を許せば体制が変質するようになり、しまいには自分の存在を終えるようになる」と述べた。

また、「帝国主義者は、これらの国々に反動的な出版物と色情的で腐敗した映画、音楽を大々的に送り込む一方、資本主義に対する幻想を醸成するための放送宣伝を強化した」と指摘した。

さらに、「現世紀に入って諸国で不正常な政権交替現象が起こった。それは、米帝をはじめとする帝国主義勢力が働いた思想的・文化的浸透策動と心理・謀略戦による結果である」と強調した。

その上で、「帝国主義者の思想的・文化的浸透策動において第一の対象は青年である」とし、「青年が政治的・思想的にしっかりし、道徳的に堅実な国は何によっても屈服させることはできない」と主張した。