北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「日本のある大学の準教授が『朝鮮問題を政治的に利用する安倍首相』と題する文を発表し、『朝鮮脅威』うんぬんは政治的野望を実現しようとする現日本当局の術策であると暴いた」と述べた。

これに対して、「反共和国対決政策を生存の必須の手段と見なしてさまざまな謀略と哀願をこととしている日本の反動層に対する当然な非難である」と強調した。

また、「今、安倍勢力の反共和国対決政策は度を越えている」とし、「下手をすると、その対決政策が彼らの政治的余命維持のための手段ではなく、瞬間に日本を最終的破滅へ進ませるレバーになりかねない」と警告した。

その上で、「日本にとって本当の脅威は、安倍勢力の無謀な反共和国対決ヒステリーである」と主張した。