北海道コンサドーレ札幌のFWジェイ【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J1の北海道コンサドーレ札幌は4日、同クラブ所属のFWジェイが練習中に発作を起こしたとして、診断結果や経過についてクラブ公式サイトで報告を行った。

 クラブの発表によれば、ジェイは4日の練習中に発作を起こし、札幌市内の病院に緊急搬送された。医師の診断によれば心臓の発作ではないことが判明したという。その後は自宅に帰宅して安静に過ごしているとのことだ。

 今後の活動に関しては「本人の状態を見ながら決める」ことになるとされており、具体的な復帰の見通しなどは述べられていない。

 イングランド代表として1試合の出場経験もある現在35歳のジェイは、2015年から2年間をジュビロ磐田で過ごしたあと、今年7月に札幌に加入。これまでJ1で11試合に出場して6ゴールを挙げている。

text by 編集部