C大阪をビッグクラブに…主将・柿谷「俗に言う“これが始まり”」

写真拡大

「歴史に名を刻みたかった」。柿谷曜一朗はクラブ初栄冠を掲げた主将として、確かにその名をセレッソ大阪の歴史に刻んだ。

 川崎フロンターレとの2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝を制し、念願のクラブ初タイトルを獲得した。「クラブとして本当に一歩前に進んだと思うから、みんなで喜びたい。俗に言う“これが始まり”」。ただし、「一つ優勝したからといって、何かが変わるわけではない。続けていくことに意味がある」と考えている。伝統の背番号8を受け継いだ男が目指すのは、毎年タイトルを獲得するビッグクラブだ。

「セレッソはそういうチームになっていくべき。来年『あれ? 去年は何やったんや?』となってしまったら意味がない」

 J1昇格初年度にタイトルを獲得。さらに明治安田生命J1リーグでもAFCチャンピオンズリーグ出場圏内の3位と躍進を果たしている。順風満帆な2017年。しかしながら、C大阪にとってはまだ序章に過ぎない。