無得点で敗れた川崎。中村自身もゴールチャンスを逃した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 4度目となるルヴァンカップのファイナルに挑んだ川崎が、またも涙を飲んだ。開始直後の1分にミスから失点し、試合終了間際の90+2分に2失点目。自慢の攻撃が沈黙し、0-2でC大阪の後塵を拝したのである。
 
 キャプテンの中村憲剛が悔やんだのは、開始直後の失点だ。
 
「今まで失点してから撥ね返した試合はたくさんありましたが、今日ひとつ違ったのは相手が割り切って守備に入れるチームだったこと。ゲームの構図が早々に決まってしまった」
 
 バンディエラがそう振り返るとおり、試合は90分間を通して川崎が攻め、C大阪が守ってカウンターを狙う展開が続いた。そのなかで「前半から相手陣内に侵入してチャンスっぽいものもあった」が、「前から取りに来ないでバイタルに入ったところを狙う」C大阪の守備を崩し切れなかった。
 
 もちろん、「1点は仕方ないけど、得点できなかったのが非常に悔しいし、自分も含めて決めきるところ、シュートを打つところで冷静にならなきゃいけない」という決定力不足も問題ではある。だが、それ以上に、ファイナルという舞台で、早々にミスから失点する脆さが足を引っ張ったのは確かだろう。
 
 それでも、中村は気丈に前を向く。
 
「準優勝だったのは事実ですし、これをどうやってこの後の(リーグ戦)3試合につなげていくか。ここでシーズンが終わったわけではないので、どれだけここから切り替えられるかだと思います」
 
 リーグ戦は首位の鹿島と勝点差4の2位につける。ルヴァンカップでは”勝負の綾”に泣いたが、初タイトルの可能性は残されている。中村はこの敗戦の悔しさを糧に、とにかく全力を尽くす覚悟だ。

【ルヴァン杯決勝PHOTO】C大阪×川崎の美女サポーターたち❤

 

プーマ フットボール公式アカウント
初タイトル獲得記念キャンペーンを開催