厳しい表情のFW小林悠

写真拡大

[11.4 ルヴァン杯決勝 C大阪2-0川崎F 埼玉]

 これが目に見えない重圧なのか。ルヴァン杯4度目の準優勝に終わった川崎フロンターレはまたしても“シルバーコレクター”の汚名を返上できなかった。今季からキャプテンに就任したFW小林悠は「硬さがあったのか」という質問に「ありましたね。ミスが多かったし、いつもどおりのプレーができていない選手が多かった」と率直に認めた。

「個人個人のメンタルのところで、普段どおりできなかった」。開始1分に失点し、いきなりビハインドを負った。守ってカウンターを狙うC大阪に対し、ボールポゼッションを高めて押し込みながら、最後の精度を欠き、崩し切れなかった。

「相手は守ってカウンターと割り切っていた。でも、崩せなかった自分たちの力不足。全員が普通にやれていれば……。でも、今シーズンはそういう試合で自分が決めて勝たせる試合もあった。最後は自分に矢印が向くというか、そういう中で勝たせられなかった自分が悔しい」

 あくまで自らを責めるキャプテンは「すぐには切り替えられない。タイトルを取るためにやってきて、目の前にチャンスがあって勝てなかった。自分の弱さ、チームの弱さを感じた試合だった」とうつむいた。

(取材・文 西山紘平)
●ルヴァン杯2017特設ページ